そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>

f:id:ausnichts:20170816183630j:plain


ブランカとギター弾き

監督:長谷井宏紀

(ネタバレ)映画はシンプルなのに物語は深い

>>

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>
最新記事

映画「グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル 」

見たのは劇場でですが、明日(12/2)に DVDが発売になるのですね。上映もブルーレイ上映でした。

映画というよりも、ほぼ1時間のグザヴィエ・ドラン本人と彼を語る俳優たちのインタビュー集です。

グザヴィエ・ドランがどうやって映画を作っているのかがよく分かる映画ではありましたが、何かを掘り下げているわけではなく、たとえば、彼は一体何に突き動かされて、まあ言うなればなぜそんなに急ぐのかといった問いに答えてくれるわけではありません。

 

グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル [DVD]
 

 

手前味噌、自画自賛になってしまいますが、これまで見てきた映画から感じた印象が間違っていなかったことを再確認しました。

 

たとえば、初めて見た「わたしはロランス」

www.movieimpressions.com

 

「いろいろなものを見て、聴いて育った世代なんだなあ」と感じ、「このシーンには何が最適かと選曲したということだと思います。あるいは、先に音楽があって、その音楽に合った映像を撮ったのかも知れません。」との印象をもったのですが、グザヴィエ自身もそのようなことを語っていましたし、映画評論家の叔母だと言っていたと思いますが、映画批評のサイトを書いていたグザヴィエに(おそらく公開前の試写のようなものかと思いますが) 映画を見せていた際に、彼が全てのショットを記憶していることに驚いたと語っていました。

 

「トム・アット・ザ・ファーム」から変化していること。

www.movieimpressions.com

 

「マミー」でのスクリーンサイズが象徴的であること。

www.movieimpressions.com

 

グザヴィエ・ドランファンには楽しめても、特に語ることのないインタビュー集の映画でしたので、この際、私のレビューの宣伝です(笑)。

 

www.movieimpressions.com

 

次作の話で、ハリウッドとか、「The Death and Life of John F. Donovan」というタイトルが出ていましたが、ハリウッドで撮ったんですかね?

 


The Death and Life of John F. Donovan (2018) Full Trailer HD #1

 

トム・アット・ザ・ファーム [Blu-ray]

トム・アット・ザ・ファーム [Blu-ray]