そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>

f:id:ausnichts:20170816183630j:plain


ブランカとギター弾き

監督:長谷井宏紀

(ネタバレ)映画はシンプルなのに物語は深い

>>

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>
最新記事

映画「ハート・オブ・ドッグ 〜犬が教えてくれた人生の練習〜」ローリー・アンダーソン、愛と死を語るという感じ

現在では、パフォーマンスという言葉は、ほぼ正しい意味あい、能力や出来栄えや公演といった意味で使いますが、70年代、80年代には、パフォーマンスアートのことを指していたと思います。

ローリー・アンダーソンは、その時代の代表格ではないかと思いますが、その音楽を初めて聞いた時は結構インパクトがありました。

多分、CDではなく、レコード(笑)を持っていると思います。

 

監督:ローリー・アンダーソン

f:id:ausnichts:20161115162420j:plain

NYのアートシーンで70年代から活躍し続ける音楽家ローリー・アンダーソン。本作は彼女と夫ルー・リードが飼っていた愛犬ロラベルとの日々を通して「愛と死」「アメリカの今」を綴ったシネマ的エッセイ。幼い日の記憶、他愛のないビデオ日記、母への複雑な感情、愛する人との別れや思い出の断片が、過去と現在、現実と空想を超えたコラージュのように、ときにユーモラスに、ときに抒情的に描かれます。(公式サイト

 

人であれ、動物であれ、愛するものの「死」は、残された者の様々な記憶を呼び覚ますんですね。

 

内容は上の引用の通りであり、幼い頃の記憶から9.11以降のアメリカまで様々な事柄が、(他人には)脈絡なく提示されますし、映像も相当コラージュされており、何が映し出されているか判別も難しい部分もあり、この映画を言葉で語るのは難しく、見て感じるしかないとは思います。

本人のナレーション、というより、その言葉自体もパフォーマンスアートの要素ですが、あ、これ覚えておこうと思っても、だめですねえ、すっかり忘れています。引用もありましたが、(多分)本人の言葉でいいのがありました。

 

ルー・リードもワンカット写っていました(多分)。

 

そうですね、もう亡くなっていましたね。ルー・リードが亡くなった後に、ローリー・アンダーソンが「ローリング・ストーンズ」誌に寄稿した内容が紹介されています。デートや結婚の話が可愛いですね。


Bright Red

Bright Red

 

 

トランスフォーマー

トランスフォーマー