そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

おすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20180112160547j:plain


ソニータ

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

(ネタバレ)ドキュメンタリーとしての問題提起も含めオススメです

>>

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>

f:id:ausnichts:20170816183630j:plain


ブランカとギター弾き

監督:長谷井宏紀

(ネタバレ)映画はシンプルなのに物語は深い

>>
最新記事

「6才のボクが、大人になるまで。/リチャード・リンクレイター監督」12年間の成長記録が映画になるとは思えないのだが…

人間の成長と変遷を12年間リアルに撮り続け映画にする、こうした発想を持つ映画監督はリチャード・リンクレイター監督ひとりではないと思います。しかしそれを現実のものとするには様々な障害があるでしょう。まずはそれをやってのけた監督や出演者たちに敬意を表したいと思います。

がしかし、出来上がった映画について言えば、誰が撮ったとしてもこれ以上のものは撮れないでしょうし、またこれ以下のものにもならないと思います。

当然ながら、こうした手法を選択すれば、ドキュメンタリー的意味合いを意識せざるを得なくなるわけで、過剰な演出は抑制され(とは言っても結構いろいろやっていましたが)、結局のところ何を撮ろうとしてるのかを問われることになります。

で、何を撮ろうとしたのでしょう?

確かにメイソンくん(エラー・コルトレーン)太ったねとか、ひげが生えてきたよとか、立派になったねとか、まあ言ってみれば、結婚式のプロフィール映像や子どもの成長を記録するホームビデオを見ることに似た感慨は得られるかも知れません。

しかし、そうした映像と同じように、制作者たちが感じるであろう12年間の重みを観客たちは感じられるのでしょうか? (いや、ベルリンやゴールデングローブ賞の受賞をみると感じられたようです)が、私は成長記録以上のものをこの映画に見いだすことは出来ませんでした。

ましてや、これはかなり個人的な好みの問題ですが、見せられる映像がアメリカそのもの(知らないけど)で正直結構うんざりしました。