そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>

f:id:ausnichts:20170816183630j:plain


ブランカとギター弾き

監督:長谷井宏紀

(ネタバレ)映画はシンプルなのに物語は深い

>>

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>

f:id:ausnichts:20170419165406j:plain


午後8時の訪問者

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ

(ネタバレ)ダルデンヌ兄弟、相変わらず隙がなく完璧!

>>
最新記事

「The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」リュック・ベッソン監督、こういう映画もバランスよくうまく撮るんですね(笑)。

2011年の映画です。当時、ミシェル・ヨーさんが脚本に惚れ込み、映画化をリュック・ベッソンに頼み込んだみたいな話が流れていたと記憶しています。リュック・ベッソン監督の映画はほとんど見ていますが、伝記ものですし、その頃は監督よりもプロデューサー業に力を入れているような感じでしたので、結局見ることもなく今になっていました。

今でもそうでしょうが、2011年というと、スーさんは更なる政治的混乱の中にいたわけですから、その人物を映画化するというのも結構難しいものがあったのではないかと思います。

ですが、さすが!(笑)リュック・ベッソン監督、プロデューサーの経験が豊富ということもあるのでしょう、バランスよく作られており、政治的なことと夫婦愛、家族愛の物語をうまくまとめられ、違和感なく、嫌みなく、いい映画に仕上がっていました。

アウンサン・スー・チーさんを演じたミシェル・ヨーさん、相当惚れ込んだ企画なんでしょう、かなり力(肩の力ではない)が入っている感じです。動きや雰囲気が、報道などで見るアウンサン・スー・チーさんそのものですし、横顔など、時に本人?と思うところもあったりします。ビルマ語も、英語のなまりまでをも研究マスターしての演技とのことです。

ところで、昨年でしたか、スー・チーさんが来日されていましたが、最近のミャンマー情勢はどうなっているんでしょう? ニュースでも目にすることが随分少なくなり、良い方へ向かっているといいのですが…。