そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

おすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20180218134735j:plain


花咲くころ

監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ、ジモン・グロス

(ほぼネタバレ)1992年トビリシ、14歳エカとナティアの二人は確かにその時そこで生きていたという映画

>>

f:id:ausnichts:20180112160547j:plain


ソニータ

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

(ネタバレ)ドキュメンタリーとしての問題提起も含めオススメです

>>

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>
最新記事

「チョコレートドーナッツ/トラヴィス・ファイン監督」とてもシンプルな作りとルディ(アラン・カミング)の素敵な笑顔がとても良かったです

あまり内容も知らずに見に行ったのですが、こういう映画だったのですね。涙を流してしまいました。

涙を流した映画について書く時に、たとえば「光にふれる」のように、必ずと言っていいほど「感動ものは好きではないのだが」と書き出す私ですが、実は結構好きなのかも知れません(笑)。

とてもシンプルな作りとルディ(アラン・カミング)の素敵な笑顔がとても良かったです。

1979年、カリフォルニアでのお話しです。一年前に「米カリフォルニア州で再び同性婚解禁」というニュースが流れたカリフォルニアですが、30年、40年前というと映画のような感じだったんでしょうね。それに、カリフォルニア同性婚が認められたといっても、同性婚を禁止するカリフォルニア州法が合衆国憲法に違反すると連邦最高裁が判断を下したという意味ですから、今でもこの映画の検察官や判事のような人は多いのでしょう。

差別、偏見というものは、人ごとのようなことを言っていてはいけないですね。常に自分自身はどうなのかと問い直さないといけないとあらためて感じた映画です。