そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>

f:id:ausnichts:20170816183630j:plain


ブランカとギター弾き

監督:長谷井宏紀

(ネタバレ)映画はシンプルなのに物語は深い

>>

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>
最新記事

「ダラス・バイヤーズクラブ/ジャン=マルク・ヴァレ監督」トランスジェンダーのレイヨンを演じたジャレット・レト、こんなにきれいになるの!?

マシュー・マコノヒー主演男優賞、ジャレッド・レト助演男優賞受賞のニュースを聞いて、こりゃいかん、早く行かねば(混むかも)と思い見てきました。予告編を見て、見ておこうかなと興味を持っただけで、もともとどの程度評判だったのか分かりませんが、やっぱりアカデミー賞の影響はあったようで、やや入りもよかったように思います。

マシュー・マコノヒーさん、役作りのために21キロ減量ですか、すごいですね。出演作を見た記憶がないので、ネットで画像検索してみると、確かに別人です。こう言っちゃ何ですが、写真を見る限り、この映画の雰囲気の方がいいですね。ちなみに今公開されている「MUD」もマシューさん主演のようです。

1985年、テキサス生まれの電気技師ロン・ウッドルーフはHIV陽性と診断され、余命30日と宣告される。米国には認可された治療薬が少ないことを知り、納得のできないロンは代替薬を求めてメキシコへ渡る。そこで米国への薬の密輸を思いついたロンは、無認可の薬やサプリメントを売る「ダラス・バイヤーズクラブ」を設立。会員たちは安い月額料金で新しい薬を手にすることができ、クラブはアングラ組織として勢いづく。しかし、そんなロンに司法の手が迫り……。(映画.com

実話なんですね、知りませんでした。30年前というと、確かに日本でも「エイズ」という言葉が新聞やテレビにも登場し始めた頃だったと思います。インターネットなんてものはありませんから、それなりに正しく理解するには随分時間もかかり、当初は少なからず偏見もあったように思います。もちろん、インターネット上に正しい情報があるという意味ではなく、その時代は、知りたいことがあれば、まずは図書館へといった手間暇時間がかかったということです。

それにしても、どの程度脚色されているかは分かりませんが、医療にしても自己責任の国アメリカということがよく分かります。まあ州によっても違うのかも知れませんが、日本でしたら、その時代でも未認可薬を売ったら即逮捕でしょう。

トランスジェンダーのレイヨンを演じたジャレット・レトさん、こんなにきれいになるの!?とびっくりしましたが、あらためていろいろ画像など見てみますときれいな顔立ちしていますね。それに足がきれいでした。フォトショ(映像ではどういうのでしょう?)ですかね?

病院での出会いでは、ゲイを差別的にみるロンから拒絶されるレイヨンですが、その心優しさとロンがそれまでの友人たちから差別されることによる反作用もあり、次第に友情、いやレイヨンは愛情だと思いますが、親しい関係が築かれていくあたりは、映画的常套手段とはいえなかなか良かったです。