そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

おすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20180218134735j:plain


花咲くころ

監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ、ジモン・グロス

(ほぼネタバレ)1992年トビリシ、14歳エカとナティアの二人は確かにその時そこで生きていたという映画

>>

f:id:ausnichts:20180112160547j:plain


ソニータ

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

(ネタバレ)ドキュメンタリーとしての問題提起も含めオススメです

>>

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>
最新記事

「ゴーストライター/ロマン・ポランスキー監督」静かなるサスペンスかな?でも直ぐに忘れてしまいそう…。

静かなるサスペンスって印象ですね。

特にドキドキするわけでもなく、どうなっていくんだろうと強く興味をそそられるわけでもなく、それでも最後までそれなりに集中してついて行けます。映像のトーンもらしい感じでよかったですし、まあ当たり前ですが、うまいってことでしょう。

でも、これ、ひと月もしたらきっと忘れてしまいます(笑)。

とは言いつつも、あらためて(無理矢理)思い出してみると、結構あれ?って思うこと、たとえば、前任者はなぜあんな小細工をしたの?とか、前任者の不審死を警察は調べたの?とかがいろいろ浮かんできます。

と、ちょっとあら探しでもしてみようかと思いましたが、最後まで違和感なく見終わった映画にそんなことしてもしょうがないですね。