そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>

f:id:ausnichts:20170816183630j:plain


ブランカとギター弾き

監督:長谷井宏紀

(ネタバレ)映画はシンプルなのに物語は深い

>>

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>
最新記事

「ツリー・オブ・ライフ」を見て「愛の勝利を ムッソリーニを愛した女/マルコ・ベロッキオ監督」を思う

見たのはひと月ほど前になりますが、ベロッキオ監督らしい、陰影のはっきりした、と言うより暗いシーンが多い映画でした。まあ、こういう映画は好きなんですけど…。

イーダを演じたジョヴァンナ・メッツォジョルノさん、いいですね。って、ググってみたら、エエッ!「コレラの時代の愛」のフェルミーナ・ダーサでした! あまり記憶に残っていないんですよね。でも、今回はしっかり記憶に残しておきます!

雪降る夜、鉄格子に登るシーンなど最高でした!

ムッソリーニの実写映像やチャップリンの「キッド」や、ムッソリーニが入院した病院の天井に映し出された映像は何でしたっけ?あれも効果的でした。こういう映画の方が、後々まで残るんですよね。ってなんのことかと言うと、「ツリー・オブ・ライフ」です(笑)。

やっぱり映画は映像です!って、「テレンス・マリック監督の美しい映像が分からないだけだ」って言われそうですが…。相当こだわっている私です。今になってこの映画のことを書こうと思ったのもそのためですから…(笑)。