そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

おすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20180225200955j:plain


ナチュラル・ウーマン

監督:セバスティアン・レリオ

(ネタバレ)ロッカーの中にあったもの、それはマリーナがマリーナであるためのもの

>>

f:id:ausnichts:20180218134735j:plain


花咲くころ

監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ、ジモン・グロス

(ほぼネタバレ)1992年トビリシ、14歳エカとナティアの二人は確かにその時そこで生きていたという映画

>>

f:id:ausnichts:20180112160547j:plain


ソニータ

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

(ネタバレ)ドキュメンタリーとしての問題提起も含めオススメです

>>

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>
最新記事

「SOMEWHERE」ソフィア、ボランティアでもしてきたら?

やっぱり、ソフィア・コッポラは私には無理でした。


内容的にも全く入れないし、リズムも合わないし、ソフィア・コッポラの映画的センスが私に全く分かりません。だいいち、高級ホテルに暮らし、フェラーリを乗り回し、部屋にポールダンサーを呼んだり、パーティーやらに明け暮れる生活をしている男が、いくら孤独だからといって、そんなやつに共感なんてできるわけがありません。

これはジョーク映画だということなら受け入れましょう。

ラストシーン、ジョニー(主役の映画スター)が突然涙を流し、元妻(多分)に電話をし、こう言います。
「僕は空っぽなんだ…」
元妻は返します。
「どうしたの、ジョニー? ボランティアでもしてきたら?」

これはきっとジョークでしょう。