そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>

f:id:ausnichts:20170816183630j:plain


ブランカとギター弾き

監督:長谷井宏紀

(ネタバレ)映画はシンプルなのに物語は深い

>>

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>

f:id:ausnichts:20170419165406j:plain


午後8時の訪問者

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ

(ネタバレ)ダルデンヌ兄弟、相変わらず隙がなく完璧!

>>
最新記事

ソーシャル・ネットワーク

面白かった、というより、いろいろな面で興味深く見ました。


映画『ソーシャル・ネットワーク』予告編

ハーバードやファイナルクラブという(日本人の)私には理解できない、いわゆるアメリカン・エスタブリッシュメントってことですが、その存在や感覚は相当気持ち悪いです。まあ、世界を牛耳っている(と思い込んでいる)連中の(多分)ほんのさわり(なんでしょう)が見られます。それと共に、アメリカ社会の持つ不思議な二面性、平等と差別というものをひしひしと感じさせられます。

ただ、この映画、それが主題ではないとは思いますので、最初に「興味深く見た」と書いたわけですが、映画としては、内容よりも、デビッド・フィンチャー監督の手腕といいますか、例えば、冒頭のマークとエリカの会話シーンからそれに続くマークが走って自分の部屋に戻るシーンなどは導入としては完璧で、思わず「うーん」とうなってしまいますし、マークが「facebook」を立ち上げていく過程とその後抱える2つの訴訟トラブルのカットを切り返して構成しているところなど、もし単純に時間軸に沿って画いていったとしたら、全く緊張感のない極めて平凡な作品になっていただろうと思います。

言い換えれば、話としてはつまらないが、つくる人がつくれば面白くなるということだと思います。
(注)そんなにほめているわけではありません。