そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

おすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20180218134735j:plain


花咲くころ

監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ、ジモン・グロス

(ほぼネタバレ)1992年トビリシ、14歳エカとナティアの二人は確かにその時そこで生きていたという映画

>>

f:id:ausnichts:20180112160547j:plain


ソニータ

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

(ネタバレ)ドキュメンタリーとしての問題提起も含めオススメです

>>

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>
最新記事

青春したい!「ハルフウェイ」

なんて初々しいんでしょ! 私もこんな青春が欲しかったデス。

そんな映画です。今時こんな高校生なんて!とは思いますが、北川(監督)さんの時代のお話なんじゃないでしょうか。きっとあんなピュアなこともあったんでしょうね。

なんだか岡田クンときいちゃんがとっても自然、なんて思って観てたんですが、後で調べたら、セリフがアドリブなんですって。北川さんがこんなこと話してました。

「セリフにアドリブを加えると、セリフのほうが(不自然で)浮いちゃう。それより(自由に喋らせた)二人の芝居のテンションが上がってきたときのほうが迫力があって楽しかった。もちろん、その間、カメラはずっと回してました。私は岩井監督作品のいいところは、お芝居っぽくないのが、いちばんの魅力だと感じているので………。」

でも、考えてみれば、脚本家の北川さんが、自分のもっとも力が発揮できるところを捨てて映画を撮ったってことになりますね。日々の仕事に疲れちゃったんでしょうか?テレビドラマに飽きちゃったんでしょうか?

二本目があるんでしょうか?それを観ないと北川さんらしさが何だか分からない、でもきっとこれは北川さんにしか撮れない映画だと思います。