そんなには褒めないよ。映画評

映画を見てから読むブログ

「コップ・カー/ジョン・ワッツ監督」アメリカ西部の風景ののんびり感と起きる事件の凶悪殺伐さのギャップが面白い

ケヴィン・ベーコンさん、ミスティック・リバー以来かもしれません。

最近は監督業にも手を伸ばしているようで、この映画では、主役だけではなく、エグゼクティブ・プロデューサーとしてもクレジットされています。

俳優としての役回りは、公式サイトにはコロラド州とありますが、どこまでも真っ直ぐな道路が走っているようなアメリカ西部の町の保安官、どうやら麻薬絡みの悪事に手を染めているらしい悪徳警官です。

こうした役にはよく合いますね。

f:id:ausnichts:20160607191442j:plain

家出中のトラヴィスとハリソンが、荒野でみつけた一台のパトカー。車を走らせはしゃぐ少年ふたりだが、それは絶対に手を出してはいけないパトカーだった。持ち主である悪徳保安官(ケヴィン・ベーコン)は、追跡を開始する。彼らがトランクの中身に気づいたとき、恐ろしい追跡劇が幕を開ける!(公式サイト


ストーリーだけを見れば、かなり緊迫感のあるクライム・サスペンス調かと思われますが、車で1時間走ってもすれ違う車がいないような西部の風景の中ですので、何だかとてものんびりしています。

それに、ケヴィン・ベーコンさんの演技が、どこか笑いを誘うようなコメディタッチのところがあり、風景ののんびり感とあいまって、不思議に魅力のある映画となっています。

言うなれば、これが DVDスルーの映画であれば、「お勧め!」と銘打ちたくなるような作品という感じです。

逆に言えば、もう一歩ツッコミがない分、一週間もすれば忘れてしまうということになります。

たとえば、ラスト、あそこまでいくのなら、えっ!?というオチをつけるべきでしょう。

 

ミスティック・リバー [Blu-ray]

ミスティック・リバー [Blu-ray]