そんなには褒めないよ。映画評

映画を見てから読むブログ

「オール・ユー・ニード・イズ・キル/ダグ・リーマン監督」日本のゲームやアニメの持つ何か(分かりません)とハリウッドの持つ明解さみたいなものがうまく融合されている…

面白かったです。


トム・クルーズ主演「オール・ユー・ニード・イズ・キル」予告編

謎の侵略者“ギタイ”からの激しい攻撃で、滅亡寸前に追い込まれた世界。戦闘スキルゼロのケイジ少佐は最前線に送り込まれ、開戦5分で命を落とす。だが次の瞬間、彼は出撃前日に戻っていた。その時から同じ日を無限に繰り返すケイジ。やがて彼は最強の女性兵士リタと出逢う。ケイジのループ能力が敵を倒す鍵になると確信したリタは、彼を強靭な“兵器”に変えるべく、徹底的に鍛え上げる。“戦う・死ぬ・目覚める”のループを繰り返すことで別人のように成長したケイジは、世界を、そしてかけがえのない存在となったリタを守りきることができるのか──?(公式サイト

桜坂洋さんのライトノベル「All You Need Is Kill」が原作とのこと。ループすることとか、リセットであるとか、戦闘を重ねるごとに能力が上がっていくところとか、クリアを目指してただただ戦い続けるとか、ゲームっぽいお話しですね。

ケイジ(トム・クルーズ)は偶然倒したギタイの体液(?)を浴びて、死んでも生き返るループ能力を身につけ、何度も殺され、また自ら死んで、同じシーンから繰り返しますが、そのあたりがうまい具合に編集されており(プロですからあたりまえですが)、飽きることもなく、軽快なテンポで物語が展開されていきます。

こういった話は、そもそもが荒唐無稽なんですから、観る者に有無を言わせぬパワーとテンポで進めて行くに限ります。

オメガとアルファの話とか、変な機械だとか、最後にケイジは生き返ってもいいんだっけ?とか、観ながらでは整理のつかない点も多々ありましたが、でも、なにはともかく面白かったです。

想像では(多分)原作にはあるだろうある種刹那的な世界観みたいなものは全くありませんが、日本のゲームやアニメの持つ何か(分かりません)とハリウッドの持つ明解さみたいなものがうまく融合された良い作品ではないかと思います。