そんなには褒めないよ。映画評

映画を見てから読むブログ

「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ/ジム・ジャームッシュ監督」デトロイトの夜の町並みや廃墟イメージがヴァンパイアたちの刹那的な雰囲気とマッチして

こういうヴァンパイアものもありでしょう。やや眠くなりましたが、映像的には結構気に入りました。

特に、デトロイトの夜の町並みや自動車産業の衰退による廃墟イメージがヴァンパイアたちの刹那的な雰囲気とマッチしてとても良かったです。

アダム(トム・ヒドルストン)の部屋、今や相当アナログなAV装置、かなりこだわったセットだと思います。詳しくないですが、ヴィンテージもののギターも結構出てきました。

あと、ジャームッシュはやっぱり音楽ですね。ディープでグルーヴ感たっぷりの音楽が楽しめます。