そんなには褒めないよ。映画評

映画を見てから読むブログ

「SOMEWHERE」ソフィア、ボランティアでもしてきたら?

やっぱり、ソフィア・コッポラは私には無理でした。


内容的にも全く入れないし、リズムも合わないし、ソフィア・コッポラの映画的センスが私に全く分かりません。だいいち、高級ホテルに暮らし、フェラーリを乗り回し、部屋にポールダンサーを呼んだり、パーティーやらに明け暮れる生活をしている男が、いくら孤独だからといって、そんなやつに共感なんてできるわけがありません。

これはジョーク映画だということなら受け入れましょう。

ラストシーン、ジョニー(主役の映画スター)が突然涙を流し、元妻(多分)に電話をし、こう言います。
「僕は空っぽなんだ…」
元妻は返します。
「どうしたの、ジョニー? ボランティアでもしてきたら?」

これはきっとジョークでしょう。