そんなには褒めないよ。映画評

映画を見てから読むブログ

「ソウル・キッチン」の料理は美味しいだろうか?


ドイツ人に料理の映画は無理だななんて、やや差別的にも取れそうなことを考えながら見ていたが、思い出してみれば、

厨房で逢いましょう [DVD]

厨房で逢いましょう [DVD]

の監督はドイツ人だったような…。あの映画の料理はおいしそうだったし、映画も良かった。

で、ファティ・アキン監督、お気に入りの監督ではあるが、あまり料理にこだわりはないようだ。これまたお気に入りの俳優ビロル・ユーネルのシェフも、やたらナイフ投げは得意なようだが(笑)、料理の腕はどうなのだろう?と思わせてしまう映画でした。

まあもともと、「愛より強く」「クロッシング・ザ・ブリッジ」「そして、私たちは愛に帰る」と続く、トルコ系ドイツ人としてのアイデンティティをテーマにした映画とは異なり、コメディタッチの映画なので、それらと比べても仕方がないのですが、やや中途半端な映画でした。

全体的な雰囲気も悪くないし、それぞれキャラクターも分かりやすく、楽しめる映画ではあるのですが、コメディとしては、テンポがなく、ひと味足りない感じがしますし、シリアスに作った方が良くはなかったのかと思わせます。

友人であり、前3作のプロデューサーでもある(らしい)アンドレアス・ティールという人を亡くしたことがインタビューなどで語られていますが、そうしたことがこの映画づくりに相当影響しているような気がします。

インタビューでは、「愛より強く」「そして、私たちは愛に帰る」に続く、その系列の次作を準備中ともありますので、非常に楽しみです。ちなみに、その作品は、「愛」「死」「悪」を描く三部作の第三作とのことです。