そんなには褒めないよ。映画評

映画を見てから読むブログ

カケラ/DVD

オフィシャルサイトの勢いを映画で出してよ。と言いたくなるほど、こぢんまりとまとまってしまった感じです。

安藤モモ子、監督デビュー作ということで気にはしていたのですが、見逃してしまい、DVD鑑賞となりました。

まあ、一言で言うと、おじさんの観る映画じゃないということなんでしょうが、それにしても、全く勢いもなく、はみ出すところもなく、優等生の卒業制作みたいな映画です。

一番気になったのが、全編、バランスのいい、きれいな切り取り方のカットの連続で構成されていることです。シンメトリーのカットがかなり多いのですが、本人がこだわったのか、撮影監督のセンスなのか、そうした映像へのこだわりが、かえって流れを阻害し、映画を嘘っぽいものにしています。そうした映画のつくりかたには、もはや新鮮みがありません。音楽の入れ方もありきたりです。うまく作ろうとしている感じが見え見えです。

で、この映画は、レズビアンをテーマにしているんでしょうかね? 中途半端でよく分かりません。同じ同性愛を扱っていても、先日見た「スプリング・フィーバー - そんなには褒めないよ。映画評」とは雲泥の差です。

親の七光りじゃないことを祈ります。