そんなには褒めないよ。映画評

映画を見てから読むブログ

クロッシング

クロッシングなんてのもあるのに、なぜ同じ邦題をつけたのかよく分からないトレンドに敏感なアナタ!今年のコートは!?

アメリカくさい映画でした。日本人の私にはまるでリアリティがありません。3人の警官たちの苦悩は分かるのですが、共有などできません。

映画としてよくできているかというと、それも怪しいところです。3人ともブルックリンの警官ですが、それぞれ全く面識はないようで、からみもなく、偶然最後のシーンで、3つの事件が重なるように作られています。

映像も編集も結構巧みに作られているのですが、いまいち焦点が曖昧で、いったいどこに向かっているのか、何を軸にしているのか、最後まではっきりしません。

ただ、全体的な雰囲気と、3人の俳優、リチャード・ギアイーサン・ホークドン・シーゲルの存在感で、それなりに見られなくもなく、それほどひどく(?)はありません。

それにしても、未だに、こういう映画を作り続けるアメリカって国はどう? とは言っても、やたら善人ぶるテレビ系日本映画よりはいいかも…。