映画

「朝が来る」ネタバレレビュー・あらすじ:河瀬直美監督の原作ものを見る(原作:辻村深月)

河瀬直美監督の映画で原作ものを見るのは初めてです。そのせいか物語の芯はしっかりしていますし、物語としてはきっちり収まっています。 ただ内容が内容なだけにこれだけリアルさを求めてつくられていますと(私は)かなり引きます。 朝が来る / 監督:河…

「博士と狂人」ネタバレレビュー・あらすじ:世界最高の辞書OEDの誕生秘話(はマッチョな男の物語?)

メル・ギブソンがサイモン・ウィンチェスター著『The Professor and the Madman: A Tale of Murder, Insanity, and the Making of the Oxford English Dictionary』の映画化権を得たのが1998年、公開までに20年を要した映画です。 さらに撮影中に製作(出資…

「82年生まれ、キム・ジヨン」ネタバレレビュー・あらすじ:同情の涙に消費させてはいけない

チョ・ナムジュ著『82年生まれ、キム・ジヨン』が韓国で社会現象になっているとの話や邦訳が出たことが話題になった小説の映画化です。 原作未読でこの映画を見た率直な感想としては、予想とは随分違い、社会現象となったことになかなか結びつかない印象です…

「スパイの妻」ネタバレレビュー・あらすじ:蒼井優は若尾文子になれたのか?

不思議な映画です。なぜこんな昔くさい映画を撮ったのでしょう? ドラマの内容ではありません。映画のつくりがです。 スパイの妻 / 監督:黒沢清 今年2020年のヴェネツィア映画祭で最優秀監督賞(銀獅子賞)を受賞しています。なのに「劇場版」となっていま…

「ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ」ネタバレレビュー・あらすじ:サンフランシスコ フィルモアへの愛がほとばしる

かなり個的で地域性の強い映画ですので共感するかどうかという見方では難しいのですが、主人公ふたりの関係はとても面白いですし、映画のつくりに新鮮さを感じます。 ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ / 監督:ジョー・タルボット あらすじ ジミ…

「ミッドナイトスワン」ネタバレレビュー・あらすじ:トランスジェンダーはミッドナイトに生きる存在ではない

悲劇物語で涙を流させることは簡単ですが、いつまでもこうした昭和的ステレオタイプな手法に頼っていていいのかなあとは思います。ドラマパターンは昭和で言えば「日陰の女」です。 もちろん感動すること、あるいは感動できることはいいことですが、その感動…

「星の子」ネタバレレビュー・あらすじ:芦田愛菜の演技と大森立嗣監督の演出で日日是好日以来の秀作に!

大森立嗣監督というのは(私には)とても不思議な監督で、前作の「MOTHER マザー」でも散々に書きながらなぜか見に行ってしまうという監督です。 なにか感じるところがあるからだとは思いますが、それにしても、これも毎回書いていることですが出来不出来の…

「フェアウェル」ネタバレレビュー・あらすじ:アメリカン・ホームコメディで中国を描く

映画のつくりに新鮮さとは違った何かちょっと変わっているなあという感じを受け、なんだろうと考えていたんですが、この映画、中国的な日常生活感をアメリカ的ホームコメディのセンスで描いているからですね。 おそらくそうしたカルチャーミックス的な視点が…

「行き止まりの世界に生まれて」ネタバレレビュー・あらすじ:優れたドキュメンタリーはドラマになる

基本的にはセルフドキュメンタリーなんですが、他者であるキアーとザックのふたりにビン・リュー監督自身を投影することで監督自身の意識を客体化し、それにより映画自体を社会性のある客観的な映画に昇華させ、また映画そのものとしても見やすくすることに…

「エマ、愛の罠」ネタバレレビュー・あらすじ:ガエルくんがワナワナワナ

パブロ・ラライン監督ですね。 前作の「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」は難しい映画でした。この「エマ、愛の罠」は内容は難しくないのですが、映画のつくりに特徴があって、そちらはなかなか意図が分かりづらい映画です。 エマ、愛の罠 / 監督:パブロ・ラ…

「マティアス&マキシム」ネタバレレビュー・あらすじ:「わたしはロランス」のグザヴィエ・ドランが帰ってきた!

グザヴィエ・ドランが帰ってきた! という映画です。 帰ってきたというのは自分のやりたいことを思う存分やっているという意味で、映画のつくりは「わたしはロランス」に近いものがあります。実際、製作、監督、脚本、編集、衣装、モンタージュを自らやって…

「ようこそ映画音響の世界へ」目立たない方が良い映画という悲しい世界

タイトル通りの映画です。 1927年に映画がトーキーとなってから現在までの映画音響の歩みと Sound department の現場ではどんなことが行われているかの触りを紹介している映画です。 ようこそ映画音響の世界へ /監督:ミッジ・コスティン 映画制作の上で評…

「鵞鳥湖の夜」ネタバレレビュー・あらすじ:鵞鳥湖の夜は…いまだ明けず。

なんなんでしょう…、まったく心が騒がない(動かない)映画ですね。 動かないのは見ている方が悪い? いやいや、そうでもないでしょう、テレビのサスペンス劇場でも(見ていませんが)もう少し、この先どうなるんだろう? とか、誰が犯人なんだろう? くらい…

「荒野にて」ネタバレレビュー・あらすじ:居場所を求めて2000km、少年と馬の放浪の旅

劇場公開時に見ようかどうしようかと迷った映画です。 宣伝チラシの印象から少年と馬の交流を描いたほのぼの系のヒューマンドラマだと思い込んでしまったことと前作の「さざなみ(2015)」が映画としてさほどよく思えなかったことからです。 ところがDVDで見…

「チィファの手紙」ネタバレ・レビュー・あらすじ/ラストレターよりは感傷さが薄まり見やすい

「ラストレター」の中国版です。岩井俊二監督自ら監督しています。ただリメイクというわけではなく、この中国版のほうが先に制作されているようですし、それにリメイクですと新たな視点とか他文化の視点とかが入りますが、この映画はほとんど「ラストレター…

「TENET テネット」(ネタバレ・レビュー)難解複雑さは愛が紐解く

クリストファー・ノーラン監督、私はあまりよく知らなく、「ダンケルク」を劇場で、その後「インターステラー」をDVDで見ただけですが、この映画の宣伝コピーなどをみていますと名前で客が呼べる監督のようです。 確かに上の二作を見ただけの私でも、やはり…

「ソニア ナチスの女スパイ」(ネタバレ・レビュー)ソニア・ヴィーゲット復権のノルウェー国内向けの映画

いくら日本人がナチス絡みの映画を好きだからといってもこの映画は日本じゃ無理でしょう。 「第二次世界大戦中、ナチス占領下のノルウェー。女優として活躍しながらスパイとしてナチスに潜入した女性の驚愕の実話。 激動の時代を生き抜いたソニア・ヴィーゲ…

「窮鼠はチーズの夢を見る」(映画・ネタバレ・レビュー)ボーイズラブは純愛の幻を見る

最近では映画を見ますと、これを女性で描いたらどうなるんだろうとか男性で描いたらどうなるだろう?と必ず考えてしまうようになっており(笑)、この映画でも今ヶ瀬を女性で描いたらどうなるだろう?と考えてみましたら、 修羅場だ! となる凄い映画でした…

「初恋」(ネタバレ・レビュー)昭和ノワールものを平成コメディ(ギャグ)タッチで描く

劇場公開時には三池崇史監督が「初恋」?と興味を持ったものの何となく見逃してしまいましたがやっと見られました。 今やヤクザ映画(ではないけれど)もギャグなしでは成立しないということのようで、その意味では「初恋」のタイトルもギャグなのかも知れま…

「ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー」(ネタバレ・レビュー)女性の友情物語をバディムービーっぽく

やろうとしていることが明快で気持ちいい映画ですね。それに面白いです。 監督はオリヴィア・ワイルドさん、俳優としてのキャリアは16年くらいで監督としてはこの映画が初の長編とのことです。脚本に4人の女性がクレジットされており、特にケイティ・シルバ…

「グッバイ、リチャード!」(ネタバレ・レビュー)人は死を覚悟してしか自由になれない、という皮肉

ジョニー・デップさん、もう長らく(私は)新作のプロモーションかスキャンダルネタでしか目にしなくなっており、映画は「スウィーニー・トッド(2007)」か「パブリック・エネミーズ(2009)」以来かと思います。 グッバイ、リチャード! / 監督:ウェイン…

「タッチ・ミー・ノット」(ネタバレ・レビュー)ローラと秘密のカウンセリングがサブタイトルとはどうよ?

2018年のベルリン映画祭で金熊賞を受賞しています。 「ベルリン金熊賞史上、最も議論を呼んだ問題作」なんて宣伝文句が使われている映画です。問題作であるかどうかは別にして確かに劇場公開には迷う映画ではあります。 その所為か配給はこれまで目にしたこ…

「ラ・ヨローナ 彷徨う女」(ネタバレ・レビュー)ホラーと言うよりも女たちの嘆きと悲しみの映画

「火の山のマリア」のハイロ・ブスタマンテ監督の4年ぶりの新作ということになります。この作品は昨年2019年8月のヴェネチア映画祭で上映された映画ですが、IMDbを見ますと、ほぼ同時期の2019年の2月のベルリン映画祭に「Temblores(Tremors、震え?)」とい…

「ソワレ」(ネタバレ・レビュー)逃避行ものなのに「僕たちには明日は続く」

男女の逃避行ものと言えば「俺たちに明日はない」に勝るものはありません。 と、言い切ることに異論のある方はいないと思いますが(笑)、果たして「ソワレ」は現代の「俺たちに明日はない」になったのでしょうか。 ソワレ / 監督:外山文治 んー、ラスト、…

「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」(ネタバレ・レビュー)ホロドモール、ウクライナ、ジョージ・オーウェル、動物農場

「ソハの地下水道」のアグニェシュカ・ホランド監督の10年ぶりの新作です。 と思いましたら、2017年に「ポコット 動物たちの復讐」という映画が「ポーランド映画祭2018」で上映されているようです。それにIMDbによればその間にもTVドラマをたくさん撮ってい…

「この世の果て、数多の終焉」(ネタバレ・レビュー)フランス版地獄の黙示録なのだが…

この映画は、ギヨーム・ニクルー監督のユニークな発想でつくられたものなのか、あるいは単に映画づくりが下手なだけなのか(ペコリ)よくわからないところがあります。 日付を追って時間経過を示しながら物語として変化させられない構成、ぶっきらぼうな編集…

「糸」(ネタバレ・レビュー)閉じた価値観の平成ラブストーリー

中島みゆきさんの「糸」に着想を得て制作された映画ということです。 縦の糸はあなた 横の糸は私逢うべき糸に 出逢えることを人は 仕合わせと呼びます この歌詞からしてもおよそ内容は想像できますし、そのとおりの映画でした。ただ、覚悟して見に行った割に…

「ポルトガル、夏の終わり」(ネタバレ・レビュー)ロメールっぽさを使ったアイラ・サックス監督の世界かも

映画のつくりがロメールっぽいなあと思いながら見ていましたので、帰り道、さっそく映画のタイトルとロメールでググりましたらやっぱりかなりヒットします。それにアイラ・サックス監督本人が「ロメールを研究した」と語ったかのような記述もあります。 ポル…

「ぶあいそうな手紙」(ネタバレ・レビュー)ブラジルからハートウォーミングな物語

男が、はっきりと人生の残り時間を自覚し始めたとき夢見るファンタジーです。 ぶあいそうな手紙 / 監督:アナ・ルイーザ・アゼヴェード 実はこの映画、見てからもう2週間くらいは経っています。最近は見る本数も増えてきていますので見たらその日か次の日に…

「ファヒム パリが見た奇跡」(ネタバレ・レビュー)バングラディッシュの天才チェス少年、パリに渡る

貧しい家庭の少年がチェスで成功する感動物語なんだろう程度の認識で見に行きましたら、確かにそれはそうだったんですが、映画のつくりになにかしっくりこないものを感じた映画でした。 ファヒム パリが見た奇跡 / 監督:ピエール=フランソワ・マンタン=…