「もみの家」(ネタバレ感想)物語も人物も富山の風景に溶け込んでいる

ていねいに作られた映画ですね。 富山出身、在住(かな?)の坂本欣弘監督が富山を舞台に一年かけて撮ったということです。実際に富山の四季の移り変わりとともに物語は進みますし、有名な砺波の散居村の夕陽風景も使われています。 もみの家 / 監督:坂本…

「コロンバス」(ネタバレ感想)主役はモダニズム建築? ジンとケイシー?

「モダニズム建築の街コロンバス」を背景に、二人の男女がそれぞれの人生におけるひとつの決断をくだすまでの姿が描かれていく映画です。 コロンバス / 監督:コゴナダ そもそも「モダニズム建築の街コロンバス」という街を知りませんでしたのでいろいろグ…

「オリ・マキの人生で最も幸せな日」(ネタバレ感想)幸せは静かにやってくる

2016年のカンヌある視点部門でグランプリを受賞したフィンランド映画です。その年は深田晃司監督の「淵に立つ」も出品され審査員賞を受賞しています。 オリ・マキの人生で最も幸せな日 / 監督:ユホ・クオスマネン モノクロです。16mmフィルムで撮られてい…

「ダンサー そして私たちは踊った」(ネタバレ感想)スウェーデン価値観で描くジョージアかな?

全編ジョージア国立舞踊団の物語なのにアカデミー賞外国語映画部門のスウェーデン代表になったという映画です。言葉もジョージア語です。 レヴァン・アキン監督がジョージア系のスウェーデン人だからなんですが、アキン監督の精神的母国ジョージアへの強い思…

「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」三島も全共闘もすでに歴史になってしまったという現実

三島の楽しそうな顔が印象的です。 緊張の裏返しの笑顔ということもあるのかとも思いますが、学生たちから投げつけられる批判をひとことひとこと丁寧に受け止めようとしている時の笑顔は本当に楽しそうです。 三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実 / 監督:…

「光と血」(DVD)不幸物語オンパレードをDVDで見るのはつらい

「新聞記者」を見たときに、プロデューサーの河村光庸さんが映画化にあたってこの人ならと監督をオファーをしたのが藤井道人さんであり、その藤井さんは「政治も勉強したことがないし、自分で新聞も取ったことがなかった(HUFFPOST)」などと最初は断ったと…

「ソン・ランの響き」(ネタバレ感想)ノスタルジックな映像と余韻ある俳優の演技の調和

1980年代が舞台のベトナム映画です。 ベトナムの1980年代といいいますと、ベトナム戦争は1975年に終結しているのですが、その後もカンボジアでの覇権争いや中国との戦争があり、安定の兆しが見え始めるのは1990年以降ですので、政治的にも経済的にも大変な時…

「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」(ネタバレ感想)グザヴィエ・ドランの転換点となるか

グザヴィエ・ドラン監督にとって、母親との関係は永遠のテーマなんでしょう。 デビュー作の「マイ・マザー(英題:I Killed My Mother)」に始まり、「Mommy/マミー」というそのものスバリのタイトルもありますし、その他ほとんどの作品に母親の影がちらつ…

「ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏」(ネタバレ感想)見るべきはクリステン・スチュワートのみ(かな?)

おお、J.T.リロイが映画化(ドラマ化)されたんだ! という感じです。 というのは、2年半くらい前に「作家、本当のJ.T.リロイ」という映画(ドキュメンタリー)を見て、「映画としては面白くありません。わたしなら劇映画にしますね。それだけ内容は面白い…

「娘は戦場で生まれた」日常が戦場という現実

シリア内戦に関する正しい情報を知ることはかなり困難です。アサド政権と反体制派による政治闘争に始まり、民族闘争、宗教闘争、さらに大国による軍事介入が絡み合っていると言われています。 ただこの映画はそうした政治的、宗教的、民族的立ち位置から描か…

「ジュディ 虹の彼方に」(ネタバレ感想)ジュディ・ガーランドの最後のロンドン公演を描く

名前はよく耳にするのに、具体的にはどんな人かも、顔さえも知らない有名人というのが結構います。ジュディ・ガーランドさんもそうで、「オズの魔法使い」のドロシーの人ということとライザ・ミネリのお母さんということくらいしか思い浮かびません。 そのジ…

「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」(DVD)コメディの味わいを出すべきかと…

まずは、すごいタイトルだなあと目がいき、大森立嗣監督だからと見た映画です。 宮川サトシさんの自伝的漫画が原作なんですね。 母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。(新装版) 作者:宮川 サトシ 発売日: 2018/12/26 メディア: 単行本(ソフトカバー…

「焼肉ドラゴン」(DVD)在日コリアン一家の人情劇、やはり舞台向き

しばらくDVD月間ということになりそうです。 「焼肉ドラゴン」 鄭義信さん脚本、演出の2008年の舞台劇の映画化で、監督も鄭さんです。 焼肉ドラゴン / 監督:鄭義信 ウィキペディアによれば、舞台劇の方は新国立劇場と韓国の芸術の殿堂(예술의 전당)の共…

「レ・ミゼラブル」(ネタバレ感想)見なくてはわからないリアリティとダイナミズム

革命のダイナミズムとはこういうものかも知れない。 というのが、この映画を見てまず最初に思ったことです。戦争は突発的にでも起きますし、ある一人の意志で起こすこともできますが、革命はそういうわけにはいきません。 ある集団、階層、階級に共通した「…

「巡礼の約束」(ネタバレ感想)五体投地のシーンが少ないのは残念、基本は親子ものでした

チベット仏教の巡礼といえば「五体投地」です。「ラサへの歩き方 祈りの2400km」で知りました。無茶苦茶いい映画でした。もう一度見たいです。 これもそういう映画かなと思いましたがちょっと違っていました。 巡礼の約束 / 監督:ソンタルジャ 物語の背景…

「屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ」(ネタバレ感想)日本で上映する意味のない映画

この映画を日本で上映する意味が何かありますかね? 「愛より強く」以降ほぼすべての映画を見ているファティ・アキン監督ですので見ましたが、ただ単にアルコール依存症のサイコパスの男の日常を見せているだけで、人間性に関わる普遍性なし、ホラーとしての…

「スウィング・キッズ」(ネタバレ感想)コメディタッチのダンス&音楽映画でありながら背景はシリアス

映画関係のサイトを見たりしていますと、わりとよく「サニー 永遠の仲間たち」の文字を目にします。見てはいないのですが、そのカン・ヒョンチョル監督の映画ということで興味を持った「スウィング・キッズ」、タイトルやビジュアルからも音楽&ダンス映画だ…

「Red」(ネタバレ感想)昭和(バブリー)的昼メロ&女性旅立ちドラマ

しばらく前までは、邦画はほとんど DVDですましていたんですが、最近では劇場で見る比率が上がってきています。多分、単館系の洋画の上映が東京以外では少なくなっているからでしょう。 「Red」 正直、見ながらなぜこれを見ようとしたのか、何気なくクリック…

「影裏」(ネタバレ感想)映画としての視点が定まらず、コトの成り行きしかみえず

最後まで何をやろうとしているのかわからない映画でした。 見終えた後、原作の書評などを読んでみましたら、え? そういう話だったの!? とびっくりしましたので、見られる方は原作を読んでからのほうがいいかもしれません。 影裏 (文春文庫) 作者:沼田 真…

「静かな雨」(ネタバレ感想)人は記憶を失えば他者と世界を共有できない、しかし…

つい3ヶ月ほど前に「わたしは光をにぎっている」を見たばかりの中川龍太郎監督の「静かな雨」です。原作ものは初めてとありますのでおそらくオファーがあったのでしょう。 静かな雨 (文春文庫) 作者:宮下 奈都 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2019/06/06…

「盗まれたカラヴァッジョ」(ネタバレ感想)イタリア人のイタリア人によるイタリア人のための映画

「カラヴァッジョ展」が大阪で開催中です。昨年2019年の8月から札幌、名古屋と巡回しているようです。また、これとは別の企画なんでしょうか、今年の10月には国立新美術館で「カラヴァッジョ《キリストの埋葬》展(仮称)」も開催されます。 そのカラヴァッ…

「1917」(ネタバレ感想)VR映画を目指すもドラマで破綻

これは企画倒れ、いやいや企画は実現しているんですからそうじゃなくて、なんて言うんでしょう、企画段階では面白そう! となるのに実際にやってみると意外につまらないという映画です。 もしこの映画を楽しみたいと考えるならば、少なくともドルビーシネマ…

「37 seconds サーティセブンセカンズ」(ネタバレ感想)佳山明さんあっての映画だが…。

この映画、ユマを演じている佳山明さんにつきます。 オーディションで選ばれた演技未経験の方とのことです。佳山さんの自然体の心地よさが映画全体を覆っています。まるであて書きしたかのようにしっくり収まっています。 37 seconds サーティセブンセカンズ…

「ロニートとエスティ 彼女たちの選択」(ネタバレ感想)苦しみながら選択することこそが人間に与えられた自由だということ

「ナチュラルウーマン」「グロリアの青春」のセバスティアン・レリオ監督です。新作? と思いましたら、製作年は「ナチュラルウーマン」と同じ2017年になっています。 公式サイトによりますと、主演のレイチェル・ワイズさんの企画から立ち上がった映画で、…

「ロマンスドール」(ネタバレ感想)第一級のジョークか、はたまた脳内男性の成せる業か

タナダユキ監督だからだと思いますが女性客が多い印象でした。女性はこういう映画を見て共感するんでしょうか? いや、この問題の立て方自体が間違っていますね。そもそもこの映画、男目線の映画ですので、園子に共感することはないにしても、男ってこんな馬…

「オルジャスの白い馬」(ネタバレ感想)カザフスタンの美しき風景に西部劇を持ち込むと…

この映画、竹葉リサ監督とカザフスタンのエルラン・ヌルムハンベトフ監督の共同監督となっています。俳優としては、森山未來さんがカザフスタンの俳優たちの中にひとり加わっています。 映画監督というのは、こういう映画を撮りたいという思いがあってこそで…

「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」(ネタバレ感想)30年をかけた偉大なる駄作

なんともとりとめのない映画です。 ひとことで言えば批評性に欠けているということなんですが、映画であれ小説であれ、古典を題材にするということは、その古典を現代的意味においてどう読むかということが求められると思います。特に『ドン・キホーテ』は、…

「母との約束、250通の手紙」(ネタバレ感想)シャルロット・ゲンズブールが浮き、バランス悪さだけが目立つ

シャルロット・ゲンズブール、憑依型俳優に目覚めたか!? というような映画で、ゲンズブールさんが悪魔に取り憑かれたような母親を演じています。ロマン・ガリーというフランスの小説家の半生を描いており、その母親がゲンズブールさんです。 母との約束、2…

「コンプリシティ 優しい共犯」(ネタバレ)日本映画には珍しい(?)センスの良さが光る

こういう映画を撮れる監督が日本にもいるというのはうれしいですね。 こういうというのは、現実社会に積極的に関わろうとし、それをきっちりドラマと仕上げることができ、そしてなにをおいてもセンスがいいという映画です。 もちろん他にいないというわけで…

「風の電話」(ネタバレ感想)この映画には俳優モトーラ世理奈ではなくハルがいる

10年という時の流れを経てもなお癒やされない悲しみを俳優の演技だけで表現することはかなり難しいことだと思います。それをやってのけたのがモトーラ世理奈さんであり、監督の諏訪敦彦さんです。 東日本大震災のことです。 ラスト、亡くなった家族へ「風の…