「クーリエ:最高機密の運び屋」ネタバレレビュー・あらすじ:キューバ危機は「信頼」で回避された?というスパイ映画

ドミニク・クック監督の二作目です。一作目の映画「追想」は、原題が「チェジルビーチで」となっているように、チェジルビーチでの男女の別れのシーンのカメラワークの美しさが印象に残っている映画です。ただ、自分のレビューを読み返してみますと、映画自…

「空白」映画・ネタバレレビュー・あらすじ:父娘のつながりに救いを求めてはダメでしょう

𠮷田恵輔監督の「よし」は「𠮷」なのか、「吉」なのか、どっちなんでしょう? 公式サイトでも混在しています。これ、どっちでもいいわけじゃなく、検索に引っかからなくなるんですよね。 「𠮷」と「吉」 | 三省堂 ことばのコラム 空白 / 監督:𠮷田恵輔 今…

「君は永遠にそいつらより若い」ネタバレレビュー・あらすじ:吉野竜平監督の構成力と佐久間由衣、奈緒の俳優力が光る

原作の津村記久子著『君は永遠にそいつらより若い』を読んでいなければ見なかったかも知れない映画、見てよかったです。 俳優よし、構成よしの映画らしい映画でした。 君は永遠にそいつらより若い / 監督:吉野竜平 吉野竜平監督の構成力が素晴らしい 人物…

「由宇子の天秤」ネタバレレビュー・あらすじ:語るべきは、また描くべきは、人であって物語ではない

「火口のふたり」を見て、気になる俳優さんだなあと感じた瀧内公美さん、その主演の映画です。 監督は春本雄二郎さん、監督・脚本・編集・プロデューサーということですので、自分の撮りたいものを撮ったということだと思います。2018年に独立映画製作団体「…

「スザンヌ、16歳」ネタバレレビュー・あらすじ:女16歳、男35歳の恋愛を16歳の側から描く

スザンヌ・ランドン監督、現在21歳、撮影時は19歳くらい、この映画のシナリオ(のベース、多分)を書いたのは15歳、そして自ら、監督、脚本、主演という映画です。 両親は、ともに俳優のサンドリーヌ・キベルランさんとヴァンサン・ランドンさんです。 スザ…