「エマ、愛の罠」ネタバレレビュー・あらすじ:ガエルくんがワナワナワナ

パブロ・ラライン監督ですね。 前作の「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」は難しい映画でした。この「エマ、愛の罠」は内容は難しくないのですが、映画のつくりに特徴があって、そちらはなかなか意図が分かりづらい映画です。 エマ、愛の罠 / 監督:パブロ・ラ…

「マティアス&マキシム」ネタバレレビュー・あらすじ:「わたしはロランス」のグザヴィエ・ドランが帰ってきた!

グザヴィエ・ドランが帰ってきた! という映画です。 帰ってきたというのは自分のやりたいことを思う存分やっているという意味で、映画のつくりは「わたしはロランス」に近いものがあります。実際、製作、監督、脚本、編集、衣装、モンタージュを自らやって…

「ようこそ映画音響の世界へ」目立たない方が良い映画という悲しい世界

タイトル通りの映画です。 1927年に映画がトーキーとなってから現在までの映画音響の歩みと Sound department の現場ではどんなことが行われているかの触りを紹介している映画です。 ようこそ映画音響の世界へ /監督:ミッジ・コスティン 映画制作の上で評…

「鵞鳥湖の夜」ネタバレレビュー・あらすじ:鵞鳥湖の夜は…いまだ明けず。

なんなんでしょう…、まったく心が騒がない(動かない)映画ですね。 動かないのは見ている方が悪い? いやいや、そうでもないでしょう、テレビのサスペンス劇場でも(見ていませんが)もう少し、この先どうなるんだろう? とか、誰が犯人なんだろう? くらい…

「荒野にて」ネタバレレビュー・あらすじ:居場所を求めて2000km、少年と馬の放浪の旅

劇場公開時に見ようかどうしようかと迷った映画です。 宣伝チラシの印象から少年と馬の交流を描いたほのぼの系のヒューマンドラマだと思い込んでしまったことと前作の「さざなみ(2015)」が映画としてさほどよく思えなかったことからです。 ところがDVDで見…