「ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー」(ネタバレ・レビュー)女性の友情物語をバディムービーっぽく

やろうとしていることが明快で気持ちいい映画ですね。それに面白いです。 監督はオリヴィア・ワイルドさん、俳優としてのキャリアは16年くらいで監督としてはこの映画が初の長編とのことです。脚本に4人の女性がクレジットされており、特にケイティ・シルバ…

「グッバイ、リチャード!」(ネタバレ・レビュー)人は死を覚悟してしか自由になれない、という皮肉

ジョニー・デップさん、もう長らく(私は)新作のプロモーションかスキャンダルネタでしか目にしなくなっており、映画は「スウィーニー・トッド(2007)」か「パブリック・エネミーズ(2009)」以来かと思います。 グッバイ、リチャード! / 監督:ウェイン…

「タッチ・ミー・ノット」(ネタバレ・レビュー)ローラと秘密のカウンセリングがサブタイトルとはどうよ?

2018年のベルリン映画祭で金熊賞を受賞しています。 「ベルリン金熊賞史上、最も議論を呼んだ問題作」なんて宣伝文句が使われている映画です。問題作であるかどうかは別にして確かに劇場公開には迷う映画ではあります。 その所為か配給はこれまで目にしたこ…

「ラ・ヨローナ 彷徨う女」(ネタバレ・レビュー)ホラーと言うよりも女たちの嘆きと悲しみの映画

「火の山のマリア」のハイロ・ブスタマンテ監督の4年ぶりの新作ということになります。この作品は昨年2019年8月のヴェネチア映画祭で上映された映画ですが、IMDbを見ますと、ほぼ同時期の2019年の2月のベルリン映画祭に「Temblores(Tremors、震え?)」とい…

「ソワレ」(ネタバレ・レビュー)逃避行ものなのに「僕たちには明日は続く」

男女の逃避行ものと言えば「俺たちに明日はない」に勝るものはありません。 と、言い切ることに異論のある方はいないと思いますが(笑)、果たして「ソワレ」は現代の「俺たちに明日はない」になったのでしょうか。 ソワレ / 監督:外山文治 んー、ラスト、…