「ブルーアワーにぶっ飛ばす」ブルーアワーも見られず、ぶっ飛ばしてもおらず

「TSUTAYA CREATORS'PROGRAM(TCP)」の2016年審査員特別賞受賞作の映画化です。 TCPのリンク先を見てみますと、今年から企画、監督、脚本と3部門に別れたとありますので、この作品の頃は企画だけなのか、脚本付きなのか、どちらにしても部門なしの審査だっ…

「第三夫人と髪飾り」(ネタバレ)静謐なつくりに漂う悲哀、滲み出る情

始まってしばらくは、トラン・アン・ユン監督? と思うくらい雰囲気が似ていました。 ひとことで言えば静謐ということですが、ゆったりと流れる時間、少ない台詞、感情的なシーンを排しているにもかかわらずにじみ出る「情」、そういう映画です。 第三夫人と…

「バオバオ フツウの家族」(ネタバレ)同性愛カップルの話ですが、物語もつくりも乱暴ですねぇ…

子どもが欲しい男女それぞれふた組の同性カップルが取った行動の顛末を描いた台湾映画です。 日本でも報道されましたが、台湾では今年の5月17日に同性婚を合法とする法律が可決されています。 台湾、同性婚認める法案を可決 アジア初 - BBCニュース バオバオ…

「今さら言えない小さな秘密」(ネタバレ)ラスト、マドレーヌのフラッシュバックにプチ感動

ついつい頬も緩み、くすっと笑いがもれる映画です。 「フランスの国民的作家にしてイラストレーター、漫画家でもあるジャン=ジャック・サンペのベストセラー『今さら言えない小さな秘密』」の映画化です。あまり詳しくはありませんが、『プチ・ニコラ』はよ…

「楽園」(ネタバレ)事件は描いても人を描かず。吉田修一「犯罪小説集」を映画化

吉田修一さんの小説が映画化されたものはほとんど見ていますが、なかなか小説を越えるものが出ないです。吉田修一さんはどちらかといいますとストーリーテラーですので、物語を追っていくだけの映画では、ただ映像化しただけで終わってしまうからではないか…