そんなには褒めないよ。映画評

映画を見てから読むブログ

「グッバイ・ゴダール!」ゴダールと言えども、男女の別れは映画通りにはいかず…

今さら私が説明するまでもないゴダールですが、ただ、今でも代表作として語られる映画の多くは、1959年の「勝手にしやがれ」から、この映画の冒頭に出てくる1967年の「中国女」あたりまでの作品で、この映画が描く時期は、一般的には(映画が)あまり知られ…

「EVA エヴァ」(ネタバレ)イザベル・ユペールはジャンヌ・モローを越えたか?

イザベル・ユペールはイザベル・ユペールしか演じない。 …の典型的な映画ですね。こういう物語性の強い映画でイザベル・ユペールに何を期待したのかよくわかりませんが、ただ、逆に「悪女イブ」的男目線の Eve 像を覆す可能性もあったのにとは思います。 公…

「ルームロンダリング」(ネタバレ)シリーズ化必至か? 連載漫画的な今どきの物語。

ルームロンダリング。 そもそもそんな言葉はないのに、何となくその意味を知っているような気がしてきます。そんな仕事が存在するとは思えないのに、何となくあるかもしれないと思えてきます。 公式サイト / 監督:片桐健滋 「企画」としては成功でしょう。…

「いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち」(ネタバレ)笑いのポイントがまるでわからない、私が悪いのか、映画が悪いのか?

上映前に流れる予告編も結構効力を発揮するもので、この映画、予告編を見て、これは面白そうと見に行ったものです。 ただ、その期待はしっかり裏切られましたが…(笑)。 公式サイト / 監督:シドニー・シビリア (日本の)公式サイトの「イタリアン・コメ…

「ゲッベルスと私」人は自分が悪であること、あるいは悪とともにいることに気づかない

ヨーゼフ・ゲッベルスと言えば、プロパガンダの天才と言われ、ナチスの権力掌握に大きな役割を果たし、ナチスの No.2として国民啓蒙・宣伝大臣に就いた人物です。この映画は、そのゲッベルスの秘書だったというブルンヒルデ・ポムゼルさんのインタビューを構…

「ガザの美容室」戦闘がハマス対イスラエルのものでないことにビックリ!

舞台はパレスチナ自治区ガザの美容室、中には13人の女たち、外には武器を持ってうろつく男たち。日本からみれば相当にシュールなこの風景は、ガザにおいては紛うことなき現実ということなのでしょう。 公式サイト / 監督:タルザン&アラブ・ナサール ワン…

「母という名の女」(ネタバレ)母は女であるが、女は母とは限らない…。は?

本当にこの監督の映画にはいつもびっくりさせられます。 なかなか先が読めません。 公式サイト / 監督:ミシェル・フランコ ミシェル・フランコ監督、現在、39歳か40歳くらいのメキシコの監督です。ワールドレベルでの活躍はここ10年くらいで、カンヌをター…

「30年後の同窓会」(ネタバレ)反戦、反権力かと思いきやアメリカ賛美の映画かなあ…?

最近は「6才のボクが、大人になるまで。」が代表作に挙げられることが多いようですが、私には、やはり「ビフォアー・サンライズ」の枕詞がしっくりくるリチャード・リンクレイター監督です。ウィキペディアを見てみますと他にもたくさん撮っているようですが…

「告白小説、その結末」(ネタバレ)その結末なしのサスペンスは原作者の実体験かも…

オチなしのサスペンス映画でした(笑)。 言い方を変えれば、私の妄想を聞いてくれてありがとう、みたいなことですかね。 公式サイト / 監督:ロマン・ポランスキー ある人気作家がいて、書けないスランプに陥って悶々としているところへ、ひとりの女性が現…