そんなには褒めないよ。映画評

映画を見てから読むブログ

「旅のおわり世界のはじまり」(ネタバレ)前田敦子さんのドキュメンタリーとしてみればよくできた映画

前田敦子さんを追ったドキュメンタリーのような映画です。 それが結構見られる映画になっているわけですから、黒沢清監督が、前田敦子さん自身に映画一本持たせられるだけのものがあると考えた結果の映画だとは思います。 旅のおわり世界のはじまり / 監督…

「ハウス・ジャック・ビルト」(ネタバレ)内なる殺人鬼妄想に苦悩するラース・フォン・トリアー

トリアー監督(呼びかけ)、飛行機恐怖症ということはわかりますが、一度、ヨーロッパ以外の非キリスト教圏に長期滞在してみたらどうですか? 列車で行けますし、それに、もしすでに経験されているのであれば、さらにその倍の期間行ってみてはどうですか。 …

「嵐電」(ネタバレ)過去と現在、現実と幻、見えるものと見えないものが出会う場所。

嵐山と四条大宮を結ぶ京福電気鉄道嵐山本線のことを「嵐電(らんでん)」と呼ぶそうです。路面電車ですね。その嵐電を舞台にした三組のラブストーリーを描いた映画です。 嵐電 / 監督:鈴木卓爾 監督は鈴木卓爾さん、「楽隊のうさぎ」で知った監督です。今…

「エリカ38」樹木希林企画、浅田美代子主演が売りの日比遊一監督作品

樹木希林さんが浅田美代子さんのために企画したというのが売りの映画です。ただ私は、それだけではなく、監督が日比遊一さんということもあり、(若干)興味を持った映画です。 エリカ38 / 監督:日比遊一 日比遊一監督の初劇映画「ブルー・バタフライ」を…

「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」(ネタバレ)音楽に、父は夢を見、娘は現実を見る

過剰なもののない見ていて気持ちのいい映画です。クライマックスのライブシーンは泣けます。ただ、あまり深いものを求めてはいけません。 ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた / 監督:ブレッド・ヘイリー 娘のサムをやっている上の画像の女性、何かで見…

「パリの家族たち」(ネタバレ)原題は『母の日』母の話ではあっても家族の話ではない

5月の「母の日」の前に公開するという選択は、あえて避けたということなんでしょうかね。そうだとしたら、その理由は何なんでしょう? この映画、原題が「母の日」であるだけでなく、内容も「母の日」をキーワードにした「母(となることも含め)という存在…