「水を抱く女」ネタバレレビュー・あらすじ:ウンディーネ(オンディーヌ)モチーフの重層的なラブ・ファンタジー

単なるラブ・ファンタジーもクリスティアン・ペッツォルト監督にかかると、どことなく社会性を帯びてわかりにくくなるという典型かと思います(笑)。 水を抱く女 / 監督:クリスティアン・ペッツォルト ウンディーネ(オンディーヌ) ネタバレあらすじとち…

「アンモナイトの目覚め」ネタバレレビュー・あらすじ:実在の人物をセクシュアリティ(だけ)で描くことの功罪

ケイト・ウィンスレットさんが演じている「化石採集者で古生物学者(ウィキペディア)」のメアリー・アニングさんは実在の人物です。ということをこの映画で知りました。 男女差別ゆえに歴史に埋もれている女性が再発見されることはいいことだと思います。が…

「パーム・スプリングス」ネタバレレビュー・あらすじ:タイムループ系ラブコメ、ちょっともの足らず

普通の(?)ラブコメじゃないとの噂を聞きつけて、さらにビジュアルに下の画像のようなおバカ系の香りが漂っていましたので、ついついそそられて見てしまいました(笑)。 結果、そこそこ面白くは見られましたが、ちょっとおバカさ足らずで期待ほど気持ちよ…

「BLUE/ブルー」ネタバレレビュー・あらすじ:昭和のドラマ、平成の価値観、令和の女性観

ボクシング映画というよりもボクシングジム映画というべき、リング上の格闘よりもそこにいたるまでの(やや年齢のいった)若者たちの「心の格闘」を描いた映画でした。 俳優によってドラマが生まれるいい映画です。 BLUE/ブルー / 監督:𠮷田恵輔 俳優がド…

「サンドラの小さな家」ネタバレレビュー・あらすじ:テーマはともかく、日本社会からみれば現実感は薄い

この映画は、映画の主人公サンドラを演じているクレア・ダンさんが自ら書いた脚本をフィリダ・ロイド監督に読んでみてほしいと持ち込んだことが始まりとのことです。その経緯が 公式サイト のフィリダ・ロイド監督のインタビューにあります。 サンドラの小さ…