「博士と狂人」ネタバレレビュー・あらすじ:世界最高の辞書OEDの誕生秘話(はマッチョな男の物語?)

メル・ギブソンがサイモン・ウィンチェスター著『The Professor and the Madman: A Tale of Murder, Insanity, and the Making of the Oxford English Dictionary』の映画化権を得たのが1998年、公開までに20年を要した映画です。 さらに撮影中に製作(出資…

「82年生まれ、キム・ジヨン」ネタバレレビュー・あらすじ:同情の涙に消費させてはいけない

チョ・ナムジュ著『82年生まれ、キム・ジヨン』が韓国で社会現象になっているとの話や邦訳が出たことが話題になった小説の映画化です。 原作未読でこの映画を見た率直な感想としては、予想とは随分違い、社会現象となったことになかなか結びつかない印象です…

「スパイの妻」ネタバレレビュー・あらすじ:蒼井優は若尾文子になれたのか?

不思議な映画です。なぜこんな昔くさい映画を撮ったのでしょう? ドラマの内容ではありません。映画のつくりがです。 スパイの妻 / 監督:黒沢清 今年2020年のヴェネツィア映画祭で最優秀監督賞(銀獅子賞)を受賞しています。なのに「劇場版」となっていま…

「ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ」ネタバレレビュー・あらすじ:サンフランシスコ フィルモアへの愛がほとばしる

かなり個的で地域性の強い映画ですので共感するかどうかという見方では難しいのですが、主人公ふたりの関係はとても面白いですし、映画のつくりに新鮮さを感じます。 ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ / 監督:ジョー・タルボット あらすじ ジミ…

「ミッドナイトスワン」ネタバレレビュー・あらすじ:トランスジェンダーはミッドナイトに生きる存在ではない

悲劇物語で涙を流させることは簡単ですが、いつまでもこうした昭和的ステレオタイプな手法に頼っていていいのかなあとは思います。ドラマパターンは昭和で言えば「日陰の女」です。 もちろん感動すること、あるいは感動できることはいいことですが、その感動…