そんなには褒めないよ。映画評

映画を見てから読むブログ

「鉄道運転士の花束」(ネタバレ)セルビアの鉄道運転士は死者のために花を育てる

この映画はどんな映画? と聞かれたら、全体的なトーンとしては「アンダーグラウンド」っぽく、物語のベースは「人情もの」で、主演のキャラクターの矜持の有り様が「健さん」的と、そんなふうに答えるのがいいかと思います。 鉄道運転士の花束 / 監督:ミ…

「命みじかし、恋せよ乙女」(ネタバレ)樹木希林さんの遺作であり、HANAMI の続編

樹木希林さんを前面に出しての宣伝の効果でしょう、(私の)予想以上に入っていました。まさか日本ではあまり知られていないドーリス・デリエ監督の名前でということはないでしょう。 命みじかし、恋せよ乙女 / 監督:ドーリス・デリエ 「HANAMI」の完全な…

「永遠に僕のもの」(ネタバレ)アルモドバルプロデュースのクールな美少年犯罪ものを期待するが…

1971年に実際に起きた大胆な犯罪、その犯人の特異性、そしてそれを描くにぴったりの魅力的な俳優、映画を面白くできる要素は揃っています。それに半世紀前に起きた事件ともなれば、如何様にも料理できるはず、なのにどうしちゃったんでしょう? 永遠に僕のも…

「インターステラー」(DVD)理論物理学にもとづく硬派なSFを志向したけれど、軸はやっぱり父娘もの?

インターステラー(字幕版) 発売日: 2015/03/25 メディア: Prime Video この商品を含むブログ (8件) を見る こういう「終末、そして再生」みたいな物語はキリスト教世界にあっては永遠のテーマなんでしょう。過去、幾度も描かれてきた物語ではあります。何と…

「マイ・エンジェル」(ネタバレ)マリオン・コティヤールさんの熱演は認めますが、もういい加減…

またもこれかい! ネグレクトを愛情視点で描いちゃダメでしょ! という映画です。それに、子どもを救うのが擬似父親ってのもどうなんですかね…、ひと昔前の価値観じゃないでしょうか。 マイ・エンジェル / 監督:ヴァネッサ・フィロ 物語に目新しさはありま…

「北の果ての小さな村で」(ネタバレ)グリーンランド、人口80人の村の実在の人々が演じるドラマ

グリーンランドの物語です。 といっても、そもそものグリーンランドの位置をイメージしようとしても、北欧の…アイスランドの…と、(私は)その程度の曖昧さで終わってしまいます。その意味では、こういう映画は、それを機にいろいろ調べたりすることを含めて…