そんなには褒めないよ。映画評

映画を見てから読むブログ

「ある少年の告白」(ネタバレ)同性愛は治療すべきものというおぞましき思想、信条

「Conversion therapy」矯正セラピーと訳されていますが、同性愛者や両性愛者を異性愛者に矯正するという、いったいいつの時代? と思うような話ですが、原題(Boy Erased)と同名の回想録の著者ガラルド・コンリーさんが「Love In Action」へ送られたのは20…

「魂のゆくえ」(ネタバレ)とんでもないラブストーリーだった!

スクリーンは4:3のスタンダードサイズ、ほとんどすべての画がフィクス、それもかなりのこだわりの構図でこれ以外の切り取りは許さないくらいの意志が感じられます。 タイトル(原題:First Reformed)にもなっているファースト・リフォームド協会のトラー…

「ビューティフル・ボーイ」(ネタバレ)出口の見えない、薬物依存の息子とその父の物語

監督が「オーバー・ザ・ブルースカイ」のフェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲンさんということで、まったく内容も知らず、そういえば予告編では親子喧嘩していたなあといった程度の情報で見に行きましたら、えー、こんな話だったの…という映画でした。 ビ…

「悪と仮面のルール」(DVD)人間存在の不条理を描く重厚なドラマかと思ったら、メロドラマだった。

映画を見る限りでは、原作の中村文則著『悪と仮面のルール』が「ウォール・ストリート・ジャーナル紙の2013年ミステリーベスト10に選出(講談社文庫)」されたというのはにわかには信じがたいです。原作どうこうではありません。映画がです。 悪と仮面のルー…

「多十郎殉愛記」(ネタバレ)高良くん、力入りすぎ、多部未華子さん、着物が似合ってます。

「〝巨匠〟中島貞夫監督 20年ぶりの最新作 59年の映画人生を次世代に受け継いだ、日本映画史に残る新しい「ちゃんばら映画」が誕生!」なんて宣伝コピーですのでかなり期待して見に行ったんですけど…。 多十郎殉愛記 / 監督:中島貞夫 といっても、実は中島…

「ザ・プレイス 運命の交差点」(ネタバレ)預言者現る

これは舞台劇にすべき内容ですね。 映画では観念的すぎて持たないです。15分もすれば先がみえて飽きてきます。 ザ・プレイス 運命の交差点 / 監督:パオロ・ジェノヴェーゼ パオロ・ジェノヴェーゼ監督、前作は「大人の事情」で、こちらもどちらかといいま…