そんなには褒めないよ。映画評

映画を見てから読むブログ

「タリーと私の秘密の時間」(ネタバレ)はたして18キロ増量は必要だったか?

シャーリーズ・セロンが役作りのために18キロ(諸説あり)増量したという映画です。同じように13キロ増量して撮った2003年の「モンスター」は、なぜか劇場公開時には見逃してしまっていますので二の舞は踏めずと早速見に行きました。 公式サイト / 監督:ジ…

「追想」(ネタバレ)男は追想し、女は回想する、という男の妄想

なかなか掴みづらい映画で、「追想」などという邦題やオチのようにくっついている2007年のシーンを主題として見るならば、老年の男が若かりし頃の失敗をまさしく追想する映画ということなんですが、ただ、映画の8割方を占める1962年のシーンから見えてくる…

「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」(ネタバレ)世界はすべてを許すわけではないけれど、いつか人が人を自由に愛せる時代はやってくる

予告編を見る度に、妙に古臭いビジュアルやねぇとか、腹の出たおっさんがテニスプレーヤー? などと、やや茶化したくなるような気分を感じていたのですが、ほぼ実話だったようで、ごめんなさいでした。 それに面白かったです。 公式サイト / 監督:ジョナサ…

「菊とギロチン」シナリオと編集に難あり…

瀬々敬久監督の自主企画とか構想30年などという言葉がありましたので、どういうことなんだろうとググっていましたら、クラウドファンディングで資金を募っていた記事がありました。 やるなら今しかない! 7月7日公開 瀬々敬久監督入魂の『菊とギロチン』上映…

「2重螺旋の恋人」(完全ネタバレ)子宮に残された2重螺旋は双子の夢を見る

フランソワ・オゾン監督は、ほんとに映画の志向性がわからない監督です(笑)。 前作「婚約者の友人」を見て、やっとフランソワ・オゾン監督がわかったぞと思ったのもつかの間、今作はかなりミステリー色が強い上に、性愛表現がかなりの比重を占めますし、ラ…

「カメラを止めるな」(ネタバレ)緻密な計算と隙きのない間合いの映画、ただし面白いのは1/3

小規模の公開が口コミで評判を生み、ついには全国◯館で公開! なんて宣伝文句はアメリカ映画ではよく目にしますが、日本でもついにそうしたことが可能な配給環境になったんでしょうか。 8月4日の映画.comの記事では「東京2館での公開から全国124の劇場での…

「スターリンの葬送狂騒曲」(ネタバレ)スターリン死後の権力闘争をギャグるも、毒にもならず

スターリンが倒れた1953年3月1日からのソビエト連邦共産党内の権力闘争の内幕がコメディタッチで描かれています。主にベリヤとフルシチョフの争いで、当初はベリヤが権力を握りますが、(映画の)最後にはフルシチョフが勝つことになります。 映画の中では…

「さようなら」(DVD)アンドロイドに話題がいきますが、ブライアリー・ロングさんの映画ですよね

「海を駆ける」ではほとんどいいことを書いていませんが、深田晃司監督の映画は結構見ていますし、評価(偉そうですが)も高いです。 で、その記事にも書いた通り、DVDで見たこの「さようなら」が一番印象に残っています。ただ、公開時は、「人間とアンドロ…

「ウインド・リバー」(ネタバレ)アメリカの良心だとは思うけれど、現実は無理でも映画ならもう一歩前へ

映画としては、特に前半、ミステリータッチで隙なく進む展開は集中して見られますし、とてもよく出来ていると思います。ただ、この映画のテーマとなっている(かどうかも微妙)ものをどう捉えるかは結構微妙です。 公式サイト / 監督:テイラー・シェリダン…