そんなには褒めないよ。映画評

映画を見てから読むブログ

「銃」(ネタバレ)そもそも監督が「銃」や「西川」に興味を持っていないのでは?

原作を読んでいませんが、映画を見ての想像で言えば、人は常に今(の自分)から抜け出したいとの欲望を持つものであり、ある時、その契機となりうる何ものか(銃)に出会えば、割と簡単にその境界を越えてしまうという物語なんだろうと思います。 そうだとす…

「おかえり、ブルゴーニュへ」(ネタバレ)ブルゴーニュのドメーヌの一年と美味しいワインの造り方

この映画の英語タイトルは「Back to Burgundy(*1)」で、日本語タイトルとは主体は違いますが、ブルゴーニュへ帰るという点ではほぼ同じ、そして、原題であるフランス語タイトル「Ce qui nous lie」は下の画像にもあります「私たちをつなぐ(結ぶ)場所」と…

「ガンジスに還る」(ネタバレ)悠久のガンジスの生と死、そして家族

「終活」なんて言葉が頻繁に使われるようになっていますので、ついつい、インド版終活映画なんて言いたくなってしまいますが、よくよく考えてみますと、これは送る側の映画ですね。 公式サイト / 監督:シュバシシュ・ブティアニ いくつくらいの設定でしょ…

「生きてるだけで、愛。」(ネタバレ)面倒くさい女度が足らないかも。不器用さも。

原作が本谷有希子さんで、菅田将暉くんが出ていて、で、監督は? 「数々のCMやAKB48、Mr.ChildrenなどのMVなどを手がけ、カンヌ国際広告祭でグランプリなどを受賞した関根光才」(映画.com)と、3ポイントとなりましたので見に行きました(笑)。 意味わか…

「散歩する侵略者(DVD)」コメディ&シリアスさが面白い!長澤まさみと長谷川博己の演技が絶妙!

DVD鑑賞です。 喜劇だと気づくまでは、何!この陳腐な話!と、あやうくDVD(実際はBluray)を止めてしまいそうになりましたが、桜井(長谷川博己)が登場し、宇宙人に対する彼の受け答えの奇妙な余裕を見るにつけ、ああ、こういう映画なのかと、それ以降は随…

「ボヘミアン・ラプソディ」(ネタバレ)フレディ・マーキュリーの伝記的音楽映画、音楽に感動するもドラマは?

「音楽映画に失敗はない」を地で行ったような映画です。ただ、この言葉、私が言っているだけですけどね(笑)。 クイーンのフレディ・マーキュリーの伝記映画と言っていいと思いますが、とにかく、音楽がいいというだけで映画として成立しています。 公式サ…

「ハナレイ・ベイ」(ネタバレ)吉田羊さんの良さが出ていないし、村上春樹っぽさもない

もう公開3週目に入っている映画なんですが、ずっと気になっていながら見られずにいました。何が気になっていたのか自分でもはっきりしませんが(笑)、おそらく、村上春樹原作ということと吉田羊さんという俳優に興味があったからでしょう。 公式サイト / …

「ごっこ」(ネタバレ)これ、疑似父娘(ごっこ)じゃなくてマジ父娘でしょう

これ、映画になっていますかね? 映画とは何かなどと大仰に構えて語るつもりもありませんが、これ、事前に何も知らず、まっさらな状態で見たら何やってんだか全くわかりませんよね。 公式サイト / 監督:熊澤尚人 城宮(千原ジュニア)は、ニートで引きこも…

「ライ麦畑で出会ったら」(ネタバレ)内なるサリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』を見つめる映画かな?

1969年という時代背景もあるかもしれませんが、アメリカン・ニューシネマの香りがする青春映画です。 タイトルにもある通り、青春のバイブルとも呼ばれる J・D・サリンジャー作『ライ麦畑でつかまえて』によって救われる16歳の少年ジェイミーの物語です。サ…