「コロンバス」(ネタバレ感想)主役はモダニズム建築? ジンとケイシー?

「モダニズム建築の街コロンバス」を背景に、二人の男女がそれぞれの人生におけるひとつの決断をくだすまでの姿が描かれていく映画です。 コロンバス / 監督:コゴナダ そもそも「モダニズム建築の街コロンバス」という街を知りませんでしたのでいろいろグ…

「オリ・マキの人生で最も幸せな日」(ネタバレ感想)幸せは静かにやってくる

2016年のカンヌある視点部門でグランプリを受賞したフィンランド映画です。その年は深田晃司監督の「淵に立つ」も出品され審査員賞を受賞しています。 オリ・マキの人生で最も幸せな日 / 監督:ユホ・クオスマネン モノクロです。16mmフィルムで撮られてい…

「ダンサー そして私たちは踊った」(ネタバレ感想)スウェーデン価値観で描くジョージアかな?

全編ジョージア国立舞踊団の物語なのにアカデミー賞外国語映画部門のスウェーデン代表になったという映画です。言葉もジョージア語です。 レヴァン・アキン監督がジョージア系のスウェーデン人だからなんですが、アキン監督の精神的母国ジョージアへの強い思…

「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」三島も全共闘もすでに歴史になってしまったという現実

三島の楽しそうな顔が印象的です。 緊張の裏返しの笑顔ということもあるのかとも思いますが、学生たちから投げつけられる批判をひとことひとこと丁寧に受け止めようとしている時の笑顔は本当に楽しそうです。 三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実 / 監督:…

「光と血」(DVD)不幸物語オンパレードをDVDで見るのはつらい

「新聞記者」を見たときに、プロデューサーの河村光庸さんが映画化にあたってこの人ならと監督をオファーをしたのが藤井道人さんであり、その藤井さんは「政治も勉強したことがないし、自分で新聞も取ったことがなかった(HUFFPOST)」などと最初は断ったと…