そんなには褒めないよ。映画評

映画を見てから読むブログ

「ROMA/ローマ」(ネタバレ)キュアロン監督のクレオ(Liboさん)への愛情の深さを感じる映画

Netflixのネット配信でしか見られないのかと思っていましたら、先週からイオンシネマで劇場公開されたアルフォンソ・キュアロン監督の「ROMA/ローマ」 です。映画の内容だけではなく何かと話題の多い映画なんですが、以外にも入りはよくありませんでした。ネ…

「まく子」(ネタバレ)前半は鶴岡慧子監督のうまさが光るが、後半は物語として厳しい…。

何を見ようかとざっと映画の公開情報を見ていた際には、これは見ることはないかなと思っていたのですが、その後ふと鶴岡慧子監督の名前が目に入り、ああそういえば「過ぐる日のやまねこ」でかなり辛辣なことを書いたなあと思い出し、ちょっと反省の意味も込…

「岬の兄妹」(ネタバレ)つくり手の意志がみえなければ映画にならない

地の果てのイオンシネマまで行って見てきました。エンドロールの配給(協力?)でしたかにイオンシネマの名が入っていたような…。そういえば「ROMA/ローマ」も配給すっ飛ばしてイオンシネマが(多分)Netflixから買ったとか、Netflixが売ったとか、あるいは…

「あなたはまだ帰ってこない」(ネタバレ)マルグリットのメラニー・ティエリーがいい

「あなたはまだ帰ってこない」って、こんな情感も何もあったものじゃないタイトルによくもOKが出たものだと思います。原作はマルグリット・デュラスの自伝的な小説『苦悩』、普通原作の日本語訳があればそれを使うんじゃないかと思いますが、今は散文系タイ…

「天国でまた会おう」(ネタバレ)面白い物語なのに焦点が定まらず…。

映像的にはロマンチシズムの香りがします。ふと「レ・ミゼラブル」が思い浮かぶようなクラシカルでロマンチックなフランスっぽい映画です。ただ、物語自体は第一次世界大戦というヨーロッパを疲弊させた戦争後の話ですので、そんなに明るい話ではありません…

「グリーンブック」(ネタバレ)日本にもグリーンブックがある…?

予告編を見ればおおよそ映画の内容は想像がつくこととアカデミー賞自体にさほど興味がないこともありスルーの予定でしたが、スパイク・リー監督が、この「グリーンブック」に作品賞が与えられた時に席を蹴ったというニュースを見て興味がわき見てみました。 …

「ナポリの隣人」(ネタバレ)人はわかりあえないし、所詮身勝手なもの…

2011年の「最初の人間」以来のジャンニ・アメリオ監督です。寡作の印象の監督ですが、IMDbを見ますとそうでもなさそうで、TVやらドキュメンタリーやらと結構いろいろ撮っているようです。 ナポリの隣人 / 監督:ジャンニ・アメリオ 最後まで焦点の定まらな…

「THE GUILTY ギルティ」(ネタバレ)会話は電話のみ、電話の向こうに見えたのは…自分?

登場人物(実質的に)ひとり、ワンシチュエーション、会話は電話のみ、といいますと「オン・ザ・ハイウェイ」という映画がありました。あの映画では常に後ろへ流れる夜景という心象的な風景が多用されていましたが、この映画は緊急通報センター(正式名称は…

「金子文子と朴烈」チェ・ヒソの文子は現実の文子を思わせる

半年くらい前に金子文子の獄中手記『何が私をこうさせたか』を読んだばかりですので、個人的にはとてもタイミングのいい映画でした。月曜日の昼間に観に行ったのですが、意外にも(ペコリ)そこそこ入っており、ちょっと驚きでした。 金子文子と朴烈 / 監督…