そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>

f:id:ausnichts:20170816183630j:plain


ブランカとギター弾き

監督:長谷井宏紀

(ネタバレ)映画はシンプルなのに物語は深い

>>

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>
最新記事

「セトウツミ/大森立嗣監督」まるでコントを見るように面白い。ん?それでいいのか?結局、池松壮亮&菅田将暉の映画です。

夏休みということもあるので仕方ないのですが、日本映画にそそられるものがありません。

で、上映一覧を見ていて、ふっと目に止まったのがこの映画。

「喋るだけの青春」のコピーと監督大森立嗣の名前、公式サイトの予告編で一笑いして、さらに興味がわき、見に行きました。

 

f:id:ausnichts:20160730105039j:plain

男子高校生二人、放課後にまったりと喋るだけ。原作は「別冊少年チャンピオン」にて連載中の同名コミック。瀬戸と内海が並べば「セトウツミ」。メガネをかけたクールな塾通いの内海を演じるのは池松壮亮。元サッカー部でお調子者の瀬戸に扮するのは菅田将暉。監督は『さよなら渓谷』でモスクワ国際映画祭審査員特別賞を受賞した大森立嗣。(公式サイト


面白かったです。

 

が、思ったほど「喋るだけの青春」ではなく、結構ベタなドラマをベースにしていましたし、喋るだけでは持たないと思ったのか、あるいは原作もそうなのか、寸劇のようなドラマを挿入していました。

結局、どうやっても、青春のテーマは、友情、恋愛、家族といったところなのでしょうか。

会話も、もう少し不条理劇系かと期待したのですが、どちらかと言いますと、コントのような感じで、しゃべりの間と切り返す言葉の面白さで笑わせるタイプです。

二人、セトとウツミの設定は、優等生のウツミに対して、セトはやや落ちこぼれ気味の人情派的なキャラなんですが、会話自体は、ボキャブラリーにしても、ひねりにしても、対等にやりあっており、どちらも頭は良さそうです(笑)。

 

ところで、原作はどんなんかと、電子書籍の試し読みしてみましたら、第1巻と映画の冒頭は、まるでシナリオか絵コンテかというくらいに全く同じでした。

ただ、映画のあの二人のキャラは漫画とは随分違う感じがします。漫画はもっとまったり感が強いですね。

 

いずれにしても、この映画は俳優次第といった感じで、その点では、池松壮亮さんと菅田将暉さんの映画と言えそうです。

菅田将暉さんを見ているのは、「共喰い」「そこのみにて光輝く」「ディストラクション・ベイビーズ」くらいですが、「共喰い」以外の映画では共にチンピラキャラをやらされていました。この映画に通じるようなイメージですが、残念ながら、あまりよい印象は残っていないですね。俳優の良し悪しは、監督次第というところもありますので何とも言えませんが、「共喰い」の危なっかしさを秘めたアウトサイダー的なものがなくなって、すっかり軽くなってしまいました。

池松壮亮さん方は、顔が浮かぶところでは、「横道世之介」「ディストラクション・ベイビーズ」「無伴奏」くらいですが、あまりはっきりしたイメージはなく、この映画のような、もやっとしたよく分からない感じの俳優さんという印象です。

 

とにかく、この二人の映画だと思いますが、一方、彼らが30代、40代になっても、同じように主役がはれる日本映画界であってくれればと思います。

 

共喰い [DVD]

共喰い [DVD]

 

 

無伴奏 [Blu-ray]

無伴奏 [Blu-ray]