そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

おすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20180225200955j:plain


ナチュラル・ウーマン

監督:セバスティアン・レリオ

(ネタバレ)ロッカーの中にあったもの、それはマリーナがマリーナであるためのもの

>>

f:id:ausnichts:20180218134735j:plain


花咲くころ

監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ、ジモン・グロス

(ほぼネタバレ)1992年トビリシ、14歳エカとナティアの二人は確かにその時そこで生きていたという映画

>>

f:id:ausnichts:20180112160547j:plain


ソニータ

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

(ネタバレ)ドキュメンタリーとしての問題提起も含めオススメです

>>

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>
最新記事

「味園ユニバース/山下敦弘監督」もう少し音楽の強さを出してほしいとは思いますが、バランスの良いアイドル(?)映画です。

「渋谷すばる」が誰かも知らず、山下敦弘監督と二階堂ふみさんの名前で見た映画(DVD視聴)です。

「関ジャニ∞」のメンバーなんですね。

と書いていても、「カンジャニ」と読むのか、「セキジャニ」(関サバの連想で)と読むのか、毎度迷ってしまうというアイドル(でいいのかな?)音痴ではあります。

味園ユニバース 通常版 [DVD]

味園ユニバース 通常版 [DVD]

 


確かにアイドル映画でした。

悪い意味ではなく、「渋谷すばる」さんのいいところを適度にうまく引き出した映画のような気がします。

全く知りませんので「ような」としか言いようがないのですが、ジャニーズには珍しく音楽性の強いキャラクターなのでしょう。そうした特徴がうまく引き出されているように思いました。

二階堂ふみさんはこういう役柄にははまりますね。渋谷すばるさんの方に半分くらいは焦点がいっていますので、二階堂ふみ的にはもう少しという感じですが、それでも映画を引っ張っていく力があります。

映画としては、山下敦弘監督らしい、ふっと引き込まれるシーンもいくつかあるのですが、全般的に中途半端な、エンディングも盛り上がろうにも盛り上がらない、「大森茂雄」の悪っぽさの描写も(人物の背景も)中途半端、記憶喪失も、記憶を取り戻した後も(リアルではあっても映画的には)中途半端といった感じで、やや上っ面を滑っているような印象です。

ところで、和田アキ子の「あのころはッ~」の意味合いは何だったんでしょうか? よく分からなかったのですが、見逃しちゃいましたかね?

タイトルは、あのアクの強い歌い方とは不釣り合いな「古い日記」と言うそうです。

記憶 ~渋谷すばる/1562(初回限定盤)(DVD2枚組)

記憶 ~渋谷すばる/1562(初回限定盤)(DVD2枚組)