そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

おすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20180225200955j:plain


ナチュラル・ウーマン

監督:セバスティアン・レリオ

(ネタバレ)ロッカーの中にあったもの、それはマリーナがマリーナであるためのもの

>>

f:id:ausnichts:20180218134735j:plain


花咲くころ

監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ、ジモン・グロス

(ほぼネタバレ)1992年トビリシ、14歳エカとナティアの二人は確かにその時そこで生きていたという映画

>>

f:id:ausnichts:20180112160547j:plain


ソニータ

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

(ネタバレ)ドキュメンタリーとしての問題提起も含めオススメです

>>

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>
最新記事

エージェント・ウルトラ/ニマ・ヌリザデ監督」ジェシー・アイゼンバーグとクリステン・スチュワートがうまくハマっていて面白かったです。

コメディはあまり好きではないのですが、なぜか、ただひたすらおバカな映画は時にハマったりします。

タイトルからしてそれ系の「エージェント・ウルトラ(American Ultra)」、見てみましたら、以外にも結構まじめに撮っているふうで、おバカ程度はさほどでもなかったのですが、それでも結構面白かったです。

それに、主演の二人にびっくり、ジェシー・アイゼンバーグとクリステン・スチュワートでした(それぐらい分かって見に行け!、と笑い)。

f:id:ausnichts:20160131200653j:plain

謎の暗号をきっかけに、片田舎のコンビニバイトの秘められた能力が覚醒する。彼はCIAの極秘マインドコントロール・トレーニングを受けた最強エージェントだった!
『ソーシャル・ネットワーク』『グランド・イリュージョン』のジェシー・アイゼンバーグ。『トワイライト』シリーズ、『スノーホワイト』のクリステン・スチュワート。最高にキュートでブッ飛んだカップルを演じている。(公式サイト


結構まじめと感じるのは、映画の軸は、基本マイク(ジェシー)とフィービー(クリステン)の恋愛ものですし、それ自体はかなりベタな話なのですが、それをちょっぴりおバカなスパイものでくるむことで、気恥ずかしさを打ち消してくれているのかなと思います。

この映画から二人の恋愛ものを取り除いてしまえば、かなり中途半端なスパイものですし、ダメ男くんがスーパーマンに覚醒するシーンの突き抜け感ももの足らず(それがいいとも言えますが)、悪役側のイェーツ(トファー・グレイス)やタフガイ(?)のラファ(ウォルトン・ゴギンズ)のキャラもインパクト不足です。

フォークやフライパンを使ったアクションやホームセンターのシーンは面白かったですが、もっといろんなアイデアを突っ込んで欲しかったですね。

エンディングが近づくにつれ、ひょっとして続編を狙っているのか!?みたいな空気が漂ってきましたので、オイオイそれはやめろ!と思っていましたら、何とそのまま続編に突入するという(笑)意表を突いたエンディングで、ああよかったと胸をなでおろして、気持よく見終えることができました。

ニマ・ヌリザデ監督の経歴を読みますとCM やミュージックビデオの世界で活躍されているようで、確かに映像センスや編集のテンポになるほどという感じがします。

それにしても、ジェシー・アイゼンバーグはこういう役がよく合います。「イカとクジラ」の記憶はほとんどありませんが、「ゾンビランド」は印象に残っています。

クリステン・スチュワートは、「アクトレス ~女たちの舞台~」でグンと評価の上がった俳優さんで、このフィービーのエイジェント役も、ややひいき目に見てですがなかなか良かったです。

これを書いていて、なぜか突然「それ行けスマート」が頭に浮かんでしまいました。懐かしいですね。

それ行けスマート/0086笑いの番号 [VHS]

それ行けスマート/0086笑いの番号 [VHS]