そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

おすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20180225200955j:plain


ナチュラル・ウーマン

監督:セバスティアン・レリオ

(ネタバレ)ロッカーの中にあったもの、それはマリーナがマリーナであるためのもの

>>

f:id:ausnichts:20180218134735j:plain


花咲くころ

監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ、ジモン・グロス

(ほぼネタバレ)1992年トビリシ、14歳エカとナティアの二人は確かにその時そこで生きていたという映画

>>

f:id:ausnichts:20180112160547j:plain


ソニータ

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

(ネタバレ)ドキュメンタリーとしての問題提起も含めオススメです

>>

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>
最新記事

「アイム・ソー・エキサイテッド!/ペドロ・アルモドバル監督」初期のアルモドバルが帰ってきた!まるでお友達のように「アルモドバル」と呼び捨て?

初期のアルモドバルが帰ってきたような感じでいいですね。とは言いつつ、劇場で見ることもないだろうと今やっとDVD視聴ですから大きなことは言えません(笑)。

冒頭、いきなりバンデラスとペネロペの共演で、えっ、何だこの映画!?とびっくりしたのですが、カメオ出演で、本編の飛行機トラブルの原因づくりに使われていました。ラストまで見ても、何だったんだ、あれは!?って感じですが。

で、本編は、さすがアルモドバルで、えっ、何?ってことがさらりとやってのけられ、笑っていいのか、まじめに考えた方がいいのか(そんなことはあり得ない!)の連続で、見事に人間そのもの、人生そのものを茶化しておりました。

気づいてみれば、まるでお友達のように「アルモドバル」と呼び捨てにしています。

考えてみれば、「トーク・トゥ・ハー」とか「オール・アバウト・マイ・マザー」なんてシリアス系の方がちょっと気まぐれに作ったみたいなもので、こうした突き抜けたコメディー系がアルモドバルの本領なんでしょうね。

なんだか、初期の作品を見たくなりました。

ペドロ・アルモドバル DVD-BOX

ペドロ・アルモドバル DVD-BOX