そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

おすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20180225200955j:plain


ナチュラル・ウーマン

監督:セバスティアン・レリオ

(ネタバレ)ロッカーの中にあったもの、それはマリーナがマリーナであるためのもの

>>

f:id:ausnichts:20180218134735j:plain


花咲くころ

監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ、ジモン・グロス

(ほぼネタバレ)1992年トビリシ、14歳エカとナティアの二人は確かにその時そこで生きていたという映画

>>

f:id:ausnichts:20180112160547j:plain


ソニータ

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

(ネタバレ)ドキュメンタリーとしての問題提起も含めオススメです

>>

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>
最新記事

「追憶と、踊りながら/ホン・カウ監督」通訳の女性を交えたシーン、通訳される間合いを待ちながらのコミュニケーションが興味深かったです

いかにも眠くなりそうな内容なんですが、意外ともちました(笑)。

正直、印象の薄い映画ですが、ていねいに作られてはいます。

初老を迎えたカンボジア系中国人のジュン(チェン・ペイペイ)。ロンドンの介護ホームでひとり暮らしている。英語もできない彼女の唯一の楽しみは、息子のカイ(アンドリュー・レオン)が面会に来る時間だった。優しく美しく成長した息子のカイ。言葉のわからない彼女にとって、息子のカイだけが、ロンドンと彼女をつなぐ存在だった。
カイは自分がゲイで恋人リチャードを深く愛していることを母に告白できず悩んでいたのだ。そして訪れる、突然の悲しみ。孤独なジュンを心配したリチャードは、カイの”友人”を装ったまま、ジュンの面倒を見ようとするが……。
違う文化、違う世代を生き、言葉も通じないジュンとリチャード。愛する人を失った痛みを共に感じているのに、愛ゆえに大きな亀裂が生まれてしまう――。(公式サイト

あえて特徴といえば、室内劇っぽいつくりでしょうか。ほとんどが、ジュン(チェン・ペイペイ)の入った老人ホームと、リチャード(ベン・ウィショー)とカイ(アンドリュー・レオン)の部屋のシーンで進行します。

ジュンは全く英語を解さないため、リチャードは通訳の女性(ナオミ・クリスティ)を雇うのですが、この設定が結構効いています。

当然ながら通訳する間合いがいっぱい生まれるのですが、その間、自分が話したことが通訳されていると思いながら相手を見つめる顔やその逆の話していない相手が過去に言葉にした意味を聞きながらその顔を見ているわけです。

これが非常に興味深かったです。通訳の女性(名前不明)は、公募で選んだ演技未経験のナオミ・クリスティさんとのことですが、監督が声で選んだとある通りとてもいい感じでしたし、言い争いの場面も、まあこれは監督の力量ですが、とてもうまい具合に出来ていました。