そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

おすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20180218134735j:plain


花咲くころ

監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ、ジモン・グロス

(ほぼネタバレ)1992年トビリシ、14歳エカとナティアの二人は確かにその時そこで生きていたという映画

>>

f:id:ausnichts:20180112160547j:plain


ソニータ

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

(ネタバレ)ドキュメンタリーとしての問題提起も含めオススメです

>>

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>
最新記事

「白夜のタンゴ/ヴィヴィアン・ブルーメンシェイン監督」森と湖の国フィンランドの美しき風景とタンゴがよく合っていました

フィンランドの美しき自然とタンゴ、よく合います。

タンゴ発祥の地をめぐり、ブエノスアイレスで活動する3人のタンゴミュージシャンがフィンランドを旅する音楽ドキュメンタリー。タンゴはアルゼンチンではなくフィンランド生まれの音楽だという説を確かめようとフィンランドへ渡った彼らが、自分たちとは違う文化や国民性をもつ人々、異なるタンゴに触れていくさまを映し出す。『過去のない男』などのフィンランドを代表する映画監督、アキ・カウリスマキも出演。音楽を通してフィンランド人と理解や友情を深めていく彼らの旅路に心が温かくなる。(シネマトゥデイ

正直、3人がフィンランドのタンゴと出会うシーンはいささか物足りなく、もう少し何とか出来そうな感じはするのですが、それでもやはり音楽の力はすごいもので、フィンランドのミュージシャンとのセッションシーンは見応えがあります。

それにしても、フィンランドはやはり森と湖の国ですね。車で走っているだけでも、また湖の湖畔にたたずむカットだけでも画になります。

一方、ブエノスアイレスの街並みは、「ブエノスアイレス恋愛事情」を見た時にも思ったのですが、雑然としたビル群はまるで日本のようです。

タンゴつながりのお勧めDVDです。

タンゴ・リブレ 君を想う [DVD]

タンゴ・リブレ 君を想う [DVD]