そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

おすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20180509185529j:plain


「パティ・ケイク$」

監督:ジェレミー・ジャスパー

(ネタバレ)青春音楽物語。貧困、差別、女性の自立が主たるテーマじゃないよ

>>

f:id:ausnichts:20180225200955j:plain


ナチュラル・ウーマン

監督:セバスティアン・レリオ

(ネタバレ)ロッカーの中にあったもの、それはマリーナがマリーナであるためのもの

>>

f:id:ausnichts:20180218134735j:plain


花咲くころ

監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ、ジモン・グロス

(ほぼネタバレ)1992年トビリシ、14歳エカとナティアの二人は確かにその時そこで生きていたという映画

>>

f:id:ausnichts:20180112160547j:plain


ソニータ

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

(ネタバレ)ドキュメンタリーとしての問題提起も含めオススメです

>>
最新記事

「ルーシー/リュック・ベッソン監督」どうしちまった!? リュック・ベッソン!と、思わず声も出そうなくらいのビックリ映画でした。

どうしちまった!? リュック・ベッソン!と、思わず声も出そうなくらいのビックリ映画でした。

リュック・ベッソン監督に理屈をこねさせてはいけないとあらためて感じさせる映画でした(笑)。理屈をこねていいのはテレンス・マリック監督ぐらいでしょう。というよりも、そもそも映画がマジで理屈を語ろうとするなんてタブーだと私は思います。

それにしても不思議な映画です。リュック・ベッソン監督が、この手の映画を、女性のスター俳優を使って、それもオリジナル脚本で撮ろうなんて思うこと自体が考えにくい(と私は思う)です。何か理由があるんでしょうね。