そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>

f:id:ausnichts:20170816183630j:plain


ブランカとギター弾き

監督:長谷井宏紀

(ネタバレ)映画はシンプルなのに物語は深い

>>

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>

f:id:ausnichts:20170419165406j:plain


午後8時の訪問者

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ

(ネタバレ)ダルデンヌ兄弟、相変わらず隙がなく完璧!

>>
最新記事

「少女は自転車にのって/ハイファ・アル=マンスール監督」とてもシンプルで爽やかで気持ちいい映画でした

サウジアラビアでは映画館の設置が法律で禁じられているらしい。と聞いて、びっくり! ドバイでは映画祭も開かれていますから、イスラム圏全般ということはないでしょうし、イランはある意味映画大国ですし、それにしても、サウジアラビアでは全く映画は見られないのでしょうか、あるいは闇の映画館があったりするのでしょうか? そういえば、「111人の少女」というイラン映画では、酒場の奥で男たちがアバターを見ているシーンがありましたが、あれはきっと闇の上映会だったんでしょうね。

じゃ、このサウジアラビア映画はどこ向けに撮ったのだろうと思っていましたら、ハイファ・アル=マンスール監督のインタビューがあり、「サウジでは公の場では上映されませんが、文化センターで限定公開されました。DVDになってから見るのを待っている方もたくさんいます」とのことでした。それに、ヴェネチアやロッテルダムで賞を取っているようですし、アカデミー賞サウジアラビア代表にも選出されているようですので、海外向けということでもあるのでしょう。

とてもシンプルで爽やかで気持ちいい映画でした。

そうした気持ちにさせられるのは、主人公の少女ワジダ(ワアド・ムハンマド)の様々な行為が、決して反抗的なものとして描かれていないからだと思います。幼なじみの男の子と自転車競争をしたくて、自ら買うために手製のミサンガを売って貯金をしたり、黒靴ではなくスニーカーを履いたりと、女性に多くの制限が課せられているサウジアラビアの社会では、大人たちが顔をしかめるそうした行為も、ワジダのごく自然な欲求や感覚としてシンプルに描かれています。

その点についても、上のインタビューに、「ワジダは生きることへのエネルギーに満ちたハッピーな女の子。賢く抜け道を見つけて、やりたいことに向かっていく子です」と語っています。

ワジダのお母さんとお父さんの関係やお母さんが働きに出る時の運転手の話など、イスラムの家族関係や日常生活の一端を知ることもでき、とても面白かったです。

いい映画でした。