そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

おすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20180225200955j:plain


ナチュラル・ウーマン

監督:セバスティアン・レリオ

(ネタバレ)ロッカーの中にあったもの、それはマリーナがマリーナであるためのもの

>>

f:id:ausnichts:20180218134735j:plain


花咲くころ

監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ、ジモン・グロス

(ほぼネタバレ)1992年トビリシ、14歳エカとナティアの二人は確かにその時そこで生きていたという映画

>>

f:id:ausnichts:20180112160547j:plain


ソニータ

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

(ネタバレ)ドキュメンタリーとしての問題提起も含めオススメです

>>

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>
最新記事

「キャリー/キンバリー・ピアース監督」この監督にホラーは向いていないのでは…

ホラー系の映画をほとんど見ない私ですら、いい映画だったと記憶している「キャリー/ブライアン・デ・パルマ監督」のリメイクです。ただ、細かいところの記憶はほとんどありません。1976年公開、37年前ですか…。

んー、何だか中途半端ですね。

ホラーと言うには滑稽ですし、親子ものと言うには変質的すぎますし、クロエ・グレース・モレッツの企画ものにしては企画ミスっぽいですし、一体何を狙ったんですかね…?

冒頭の異常な出産シーンやシャワールームの初潮シーンをもうちょっと何とか出来なかったんでしょうか…。「血」で引っ張っていくのなら、もう少し映像的にも、編集的にも、工夫を凝らしてもらわないと滑稽さで引いてしまいます。

キンバリー・ピアース監督には、ホラーは向いていないようだという残念な結果でした。