そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

おすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20180225200955j:plain


ナチュラル・ウーマン

監督:セバスティアン・レリオ

(ネタバレ)ロッカーの中にあったもの、それはマリーナがマリーナであるためのもの

>>

f:id:ausnichts:20180218134735j:plain


花咲くころ

監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ、ジモン・グロス

(ほぼネタバレ)1992年トビリシ、14歳エカとナティアの二人は確かにその時そこで生きていたという映画

>>

f:id:ausnichts:20180112160547j:plain


ソニータ

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

(ネタバレ)ドキュメンタリーとしての問題提起も含めオススメです

>>

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>
最新記事

「甘い鞭/石井隆監督」キネ旬の星につられて見たものの…。コラッ! ですが壇蜜は丸

石井隆監督の映画は結構DVDで見ているのですが、映画館へ足を運んだのは初めてです。それと言うのも、キネ旬の映画紹介欄で、誰だったかは覚えていない(というか見ていない)のですが、3人とも星4つか5つつけて、内一人の「石井隆の最高傑作!」なんてコメントにつられてしまいました。

キネ旬の星が信用できないというのは今に始まったことじゃありませんので、どうこう言っても仕方ないのですが、コラッ!

それにしても、エロいと言うより、激しくイタイ映画でした。ビシッ!バシッ!と甘くない鞭の音が絶えませんでした。映画だからと思いつつも、何でこんなの撮るのかなあなんて思いながら、唯一救われたのは、壇蜜の不思議な魅力(?)を発見できたことです。

何て言うんでしょう、全く無表情なんですが、かといって冷たさではなく、妙な包容力というか、受容力というか、何でも許してくれそうな、暖かみとも違う、多分この人ホントにいい人なんだなと思わせる、そんな感じです。

映画は、石井隆監督にしては単純すぎます。