そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

おすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20180225200955j:plain


ナチュラル・ウーマン

監督:セバスティアン・レリオ

(ネタバレ)ロッカーの中にあったもの、それはマリーナがマリーナであるためのもの

>>

f:id:ausnichts:20180218134735j:plain


花咲くころ

監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ、ジモン・グロス

(ほぼネタバレ)1992年トビリシ、14歳エカとナティアの二人は確かにその時そこで生きていたという映画

>>

f:id:ausnichts:20180112160547j:plain


ソニータ

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

(ネタバレ)ドキュメンタリーとしての問題提起も含めオススメです

>>

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>
最新記事

「グランド・マスター/ウォン・カーウァイ監督」チャン・ツィイー、美しいし、かっこいいです!

ウォン・カーウァイ監督じゃなければ、怒ってました(笑)。それにしても、チャン・ツィイー、美しいし、かっこいいです! チャン・ツィイーを見にいったと思えば、映画のひどさ(笑)をおいても、まあ納得できるでしょう。

徹底したクローズアップ、スローモーション、スチル写真のような構成美、そうしたこれまであまり使ってこなかった(多分)映像美を極めようとしたのでしょう。確かに極めていました、くどいくらいに。

まあ、分かってやっているのでしょうから、いいのでしょうが、いくら何でも飽きますよ。

とは言っても、ところどころに、ウォン・カーウァイ監督らしい、たとえば、イップマン(トニー・レオン)とルオメイ(チャン・ツィイー)が始めて手合わせするシーンに、二人のかすかな好意を漂わせ、キスシーンと見紛うばかりのカットを入れたりと、そんなところは相変わらず少年だなと感じた映画です。