そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>

f:id:ausnichts:20170816183630j:plain


ブランカとギター弾き

監督:長谷井宏紀

(ネタバレ)映画はシンプルなのに物語は深い

>>

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>
最新記事

No.3/2012.1.14〜NAGOYA版今週見たい映画、見るかもしれない映画

ヒミズ
センチュリー/10:30 13:00 15:30 18:00 20:30
2012.7.3(tue)ブルーレイ&DVD発売! 映画『ヒミズ』公式サイト

恋の罪』などの鬼才園子温が監督を務め、古谷実原作の人気漫画を映画化した衝撃作。ごく平凡な15歳の少年と少女の運命が、ある事件をきっかけに激変する過程を園監督ならではの手法で描き出す。主人公に『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』の染谷将太、ヒロインに『劇場版 神聖かまってちゃん/ロックンロールは鳴り止まないっ』の二階堂ふみら若手実力派を起用。自身も原作のファンだという園監督が創造する新たなる人間の心の闇から目が離せない。(映画『ヒミズ』 - シネマトゥデイ)

■灼熱の魂
名演/11:10 13:40 16:10 18:40
shakunetsu-movie.com

『渦』のドゥニ・ヴィルヌーヴが監督と脚本を務め、レバノン出身の劇作家ワジ・ムアワッドの原作を映画化した珠玉の人間ドラマ。中東からカナダに移り住んだある女性の壮絶な人生を、過去と現代を行きつ戻りつしながら映し出す。『パラダイス・ナウ』のルブナ・アザバルが陰のある母親を演じ、その娘を、カナダのテレビで活躍するメリッサ・デゾルモー=プーランが演じている。過酷な生涯を生きた女性の胸に秘められた思いに涙する。(映画『灼熱の魂』 - シネマトゥデイ)

■UNDERWATER LOVE〜おんなの河童〜
シネマテーク/20:20
uwl-kappa.com

恋人との結婚を間近に控え幸せな毎日を過ごしていたヒロインが、高校時代に水死した同級生が河童となって現れたことで、奇妙な日々と運命に翻弄(ほんろう)されていく異色ミュージカル・ムービー。ピンク映画界出身のいまおかしんじと『2046』『花様年華(かようねんか)』などで有名な撮影監督のクリストファー・ドイルが手を組み、日本の妖怪・河童をテーマに前代未聞のピンク映画を創出。悲しい運命を変えるため、愛と歌、エロスとダンスで描かれる、突き抜けた世界観が楽しい一作。(映画『おんなの河童』 - シネマトゥデイ)

■哀しき獣 THE YELLOW SEA
10:15 15:10 17:50
kanashiki-kemono.com - 人妻検索であいけいサイト 無料

『チェイサー』で注目を集めたナ・ホンジン監督とハ・ジョンウ、キム・ユンソクのコンビが再タッグを組んだフィルム・ノワール。借金返済のため、危険を顧みず韓国に密入国した韓国系中国人が、ある殺人事件に関与したことで味わう奈落の底のような人生をダイナミックに描き切る。どこまでも孤独な男をハ・ジョンウが体当たりで演じ、まるで野犬のような悪の権化をキム・ユンソクが怪演する。怒とうの暴力の奥深くにひそむ人間の悲しいさがや業の深さに、りつぜんとする。(映画『哀しき獣』 - シネマトゥデイ)