そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

おすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20180218134735j:plain


花咲くころ

監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ、ジモン・グロス

(ほぼネタバレ)1992年トビリシ、14歳エカとナティアの二人は確かにその時そこで生きていたという映画

>>

f:id:ausnichts:20180112160547j:plain


ソニータ

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

(ネタバレ)ドキュメンタリーとしての問題提起も含めオススメです

>>

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>
最新記事

「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」3Dって書き割りなの?

わけあって、「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」を見ました!
3D初体験です!

すごく楽しみにしていきました! 入口で3Dグラスをもらいワクワク!

はっ?! 何これ?! 書き割りジャン!!

よくよく考えれば当たり前ですね。もともと2Dのものが3Dになるわけがないです。それにグラスの分、光量も落ち、暗いですし、字幕は読みにくし、ってことで、30分ほどは我慢しましたが、それ以降はグラスをはずしての鑑賞です。それでも書き割り3Dよりはよほど見やすかったです!

ああ、映画の内容は、と言いますと、(笑)推して知るべし、です。ミラ・ジョヴォヴィッチがすごく(?)なっているなあと思ったくらいですね。