そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

おすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20180218134735j:plain


花咲くころ

監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ、ジモン・グロス

(ほぼネタバレ)1992年トビリシ、14歳エカとナティアの二人は確かにその時そこで生きていたという映画

>>

f:id:ausnichts:20180112160547j:plain


ソニータ

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

(ネタバレ)ドキュメンタリーとしての問題提起も含めオススメです

>>

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>
最新記事

「スリーデイズ/ポール・ハギス監督」はオリジナル版「すべて彼女のために」レンタルへの誘い水?

この愛のために撃て」のフレッド・カヴァイエ監督の前作「すべて彼女のために」のハリウッドリメイクと知り、不安を抱えながらも見てきました。

不安はアタリです! いやぁ、かったるいですね(笑)。いつになったら本題に入るのかといらいらしました。私がせっかちなのか、そもそも脱獄の緊迫感ではなくその事前準備がこの映画の本題なのかと首をかしげてしまいました。

それに「スリーデイズ」って、妻の移送が決まってからの3日間でしょ。このつくりじゃ、全然3日間の緊迫感が生きてこないと思いますが…。「The next three days」ってそういう意味のタイトルじゃないのかな?

オリジナルを見ていないので、早速「すべて彼女のために」のレンタルを申し込みました。

[rakuten:joshin-cddvd:10261918:detail]