そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

おすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20180225200955j:plain


ナチュラル・ウーマン

監督:セバスティアン・レリオ

(ネタバレ)ロッカーの中にあったもの、それはマリーナがマリーナであるためのもの

>>

f:id:ausnichts:20180218134735j:plain


花咲くころ

監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ、ジモン・グロス

(ほぼネタバレ)1992年トビリシ、14歳エカとナティアの二人は確かにその時そこで生きていたという映画

>>

f:id:ausnichts:20180112160547j:plain


ソニータ

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

(ネタバレ)ドキュメンタリーとしての問題提起も含めオススメです

>>

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>
最新記事

「ブンミおじさんの森/アピチャッポン・ウィーラセタクン」で疲れをとるzzz

今年のベストスリーピーシネマ決定!(笑)

とは言っても、決してつまらないということではない。緊張感をもって観る映画ではなく、まあ多少眠ったからといって、映画自体が分からないということはない。いや、じっと目を凝らして見たからといって、分かったという言葉が適切なほど分かるとも思えない。

描かれることのひとつひとつを取ってみれば信じがたいことの連続なのに、映画の中では、誰ひとり驚いたりしない。そういう映画だ。それぞれ起きることに言葉で表現すべき意味などないだろうし、そう見え、そう感じるということ以外にないだろう。

ただ気になるのは、これまで、アピチャッポン・ウィーラセタクン監督がどんな映画をつくってきているのか知らないが、この「ブンミおじさんの森」は、それなりに商業ベース的にも計算されてつくられていると思われ、眠くなる映画に一番多いパターンである、監督の超個人的世界観にもとづいてつくられた映画でないことである。

今週はもう一本催眠映画をみなくてはいけない。「ゴダール・ソシアリスム」