そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>

f:id:ausnichts:20170816183630j:plain


ブランカとギター弾き

監督:長谷井宏紀

(ネタバレ)映画はシンプルなのに物語は深い

>>

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>

f:id:ausnichts:20170419165406j:plain


午後8時の訪問者

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ

(ネタバレ)ダルデンヌ兄弟、相変わらず隙がなく完璧!

>>
最新記事

No.17/2011.4.30〜NAGOYA版今週見たい映画、見るかもしれない映画

ゴダール・ソシアリス
シネマテーク/12:30 14:30 16:30 18:30
http://www.bowjapan.com/socialisme/

2010年に80歳になる『勝手にしやがれ』などのフランスの巨匠、ジャン=リュック・ゴダール監督作。地中海を航海する船上を皮切りに、エジプトやパレスチナ、スペインなどさまざまな場所をめぐる、人類の歴史をひもとく物語が3部構成でつづられる。出演者もロック歌手のパティ・スミスをはじめ、ギタリストのレニー・ケイら個性的な面々が集結。冒頭の迫力ある海のシーンや、ゴダール監督らしい詩情あふれる言葉の数々に注目。(cinematoday

ブルーバレンタイン
ミリオン座/13:05 15:25 17:45 20:05
みんなのプチプラコスメ!マジでおすすめな口コミ広場
これは期待度高いです。

あるカップルの出会いから結婚、そして破局までを描き、サンダンス映画祭カンヌ国際映画祭など世界各地の映画祭で注目されたラブストーリー。壊れかけた夫婦には、『ラースと、その彼女』のライアン・ゴズリング、『ブロークバック・マウンテン』のミシェル・ウィリアムズがふんし、過激な性描写や体重増量も辞さない迫真の演技を披露。10年以上も脚本を練り上げたデレク・シアンフランス監督による、愛が終わる痛みを巧みな演出で紡いだ切ないストーリーが胸に迫る。(cinematoday

キッズ・オールライト
センチュリーシネマ/12:40 14:55 17:10 19:25
http://allright-movie.com/
興味はあるが、私の趣味的にはどうだろう…。

ある風変わりな家族を通し、真の愛情や家族のあり方を見つめた人間ドラマ。長年共に暮らしてきた同性カップルの子どもたちが、自分たちの父親を捜し始めたことから起きる騒動をコミカルに描く。監督は、『しあわせの法則』のリサ・チョロデンコ。実力派女優のアネット・ベニングジュリアン・ムーアがカップルにふんするほか、共演には『ゾディアック』のマーク・ラファロ、『アリス・イン・ワンダーランド』のミア・ワシコウスカら豪華な顔ぶれがそろう。(cinematoday

まほろ駅前多田便利軒
ミッドランドほか/10:30 13:00 15:30 18:00
映画『まほろ駅前多田便利軒』公式サイト
先週からやっているようですが、シネコン系で公開されていたので、見逃していました。ラストシーンをのぞいて、私の評価は高い「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」の大森監督の作品。

『風が強く吹いている』も映画化された三浦しをん原作の直木賞受賞小説を、『ゲルマニウムの夜』『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の大森立嗣監督が映画化したユーモラスで温かい人間ドラマ。瑛太と松田龍平が主人公の便利屋を演じ、ワケありの客たちとの出会いとエピソードをつづってゆく。共演は、片岡礼子鈴木杏麿赤兒など個性豊かな実力派俳優たち。人間のこっけいさと生きることの幸せを、じんわりと浮かび上がらせる大森監督の手腕が光る。(cinematoday