そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>

f:id:ausnichts:20170816183630j:plain


ブランカとギター弾き

監督:長谷井宏紀

(ネタバレ)映画はシンプルなのに物語は深い

>>

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>
最新記事

「アンチクライスト/ラース・フォン・トリアー」のラストが分からない

ラストシーンがよく分からないなあ。あの女性たちは何なんだろう? 彼女たちは何を目指しているんだろう? 夫はどうなったんだろう?

てな訳で、「ドッグヴィル」以降、やたら観客に負荷をかけ過ぎるラース・フォン・トリアー監督です(笑)。とにかく作りが意図的で、さらに暗示的であり、どう読み解くかみたいなことが関心事となってしまいます。

でも、私はそんな疲れることはしません(笑)。というより、ラース・フォン・トリアー監督の映画は、直感的に理解させうる映画の力を持っていますので、何となく見ていても、充分に分かりますし、感じられます。

ただ、このラストは何なんでしょうね。何だかとってつけたような、オチをつけたかったのか、自分の懺悔みたいなことなのか(笑)、とにかく、夫が木イチゴ(多分)を食べるあたりからは、妙に異質な感じがします。

確かに、「奇跡の海」でも、しっかりオチがついていましたが、こっちは「アンチクライスト」ですから、逆の意味合いでしょう。木イチゴは禁断の果実? 妻(イブ)の後を追って自分も罪を背負った? じゃあ、あの女性たちは?

まあ、そんなこと、どうでもいいですね。

映画としての作りはしっかりしていますし、シャルロットとウィレム・デフォーもいいですし、良い映画でした。感じるところはあまりありませんでしたが…。