そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

おすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20180218134735j:plain


花咲くころ

監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ、ジモン・グロス

(ほぼネタバレ)1992年トビリシ、14歳エカとナティアの二人は確かにその時そこで生きていたという映画

>>

f:id:ausnichts:20180112160547j:plain


ソニータ

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

(ネタバレ)ドキュメンタリーとしての問題提起も含めオススメです

>>

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>
最新記事

シリアスマンは本当にシリアス?

元々コメディ系が苦手なこともあり、また描かれているのがユダヤ人コミュニティの、やたら比喩的な話なので、どうしても引き気味に見てしまいます。

ノーカントリー』のジョエル、イーサン・コーエン監督がメガホンを取り、次々と不幸に見舞われる男の姿をシニカルに描くコメディー・ドラマ。アメリカの片田舎のユダヤ人コミュニティーを背景に、平凡な大学教授と周りの人々との間に巻き起こる不条理な小事件をつづってゆく。主演は、主に舞台で活躍し、映画では『ワールド・オブ・ライズ』などに出演しているマイケル・スタールバーグ。観る者を煙に巻くようでありながら深いストーリー展開に、引き付けられる。(cinematoday

シリアスマン」=「まじめな男」というよりは、深刻な状況に陥った人間という意味だとは思いますが、その男ラリーには、次々に起きる不幸(というより、好ましくないかな?)な出来事に比して、あまり深刻さは感じられず、そこそこ飄々と生きているじゃんなんて感じがしてしまいます。

まあ、不幸物語をやろうとしているわけではなく、コーエン兄弟が育った(らしい)子供のころの時代やアメリカ中西部の地方都市のそのまたユダヤ人コミュニティという特定の時間と場所での物語と考えれば、まあよくできた映画と言えるかも知れません。

ただ、ラリーを含め、妻、その恋人、子供たち、同僚などなど、登場人物の人物像がつかみづらく、そのあたり、アメリカ人には説明不要なキャラだとは思いますが、日本人の私には、深く入っていくための障害になってしまいます。

また、こういう映画ですから、その中から、人生における教訓を導き出すのは簡単ですが、それもまたあまり意味のあることではないでしょう。

前作「バーン・アフター・リーディング」も、今では内容をすっかり忘れてしまっていますし、予告編で流れていた「トゥルー・グリッド」をラストチャンスとしましょう(笑)。