そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

おすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20180218134735j:plain


花咲くころ

監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ、ジモン・グロス

(ほぼネタバレ)1992年トビリシ、14歳エカとナティアの二人は確かにその時そこで生きていたという映画

>>

f:id:ausnichts:20180112160547j:plain


ソニータ

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

(ネタバレ)ドキュメンタリーとしての問題提起も含めオススメです

>>

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>
最新記事

オーケストラ!/DVD

公開時、関心はあったのですが、約束の旅路のラデュ・ミヘイレアニュ監督作品と知り、また、あらすじなどを読むにつけ、ほとんど内容が想像できてしまい、もちろん、当時当たっているかどうかは分からなかったわけだが、まあDVDでいいかと鑑賞が今になってしまいました。もう少しシリアス度が高いかと想像したあたりがはずれただけで、ほとんど想像通りの展開でした(笑)。

コメディ要素もあり、謎解き、あれは誰もが、アンヌ=マリー・ジャケの父はアンドレイだと思うでしょうが、まあそういった要素もあり、「約束の旅路」ほど意図的に泣かせようというところも少なく、バランスが良く、楽しめる映画ではありました。

ラストのヴァイオリン協奏曲/チャイコフスキーもほどほどの感動で良かったです。