そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

おすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20180218134735j:plain


花咲くころ

監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ、ジモン・グロス

(ほぼネタバレ)1992年トビリシ、14歳エカとナティアの二人は確かにその時そこで生きていたという映画

>>

f:id:ausnichts:20180112160547j:plain


ソニータ

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

(ネタバレ)ドキュメンタリーとしての問題提起も含めオススメです

>>

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>
最新記事

カケラ/DVD

オフィシャルサイトの勢いを映画で出してよ。と言いたくなるほど、こぢんまりとまとまってしまった感じです。

安藤モモ子、監督デビュー作ということで気にはしていたのですが、見逃してしまい、DVD鑑賞となりました。

まあ、一言で言うと、おじさんの観る映画じゃないということなんでしょうが、それにしても、全く勢いもなく、はみ出すところもなく、優等生の卒業制作みたいな映画です。

一番気になったのが、全編、バランスのいい、きれいな切り取り方のカットの連続で構成されていることです。シンメトリーのカットがかなり多いのですが、本人がこだわったのか、撮影監督のセンスなのか、そうした映像へのこだわりが、かえって流れを阻害し、映画を嘘っぽいものにしています。そうした映画のつくりかたには、もはや新鮮みがありません。音楽の入れ方もありきたりです。うまく作ろうとしている感じが見え見えです。

で、この映画は、レズビアンをテーマにしているんでしょうかね? 中途半端でよく分かりません。同じ同性愛を扱っていても、先日見た「スプリング・フィーバー - そんなには褒めないよ。映画評」とは雲泥の差です。

親の七光りじゃないことを祈ります。