そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

おすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20180218134735j:plain


花咲くころ

監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ、ジモン・グロス

(ほぼネタバレ)1992年トビリシ、14歳エカとナティアの二人は確かにその時そこで生きていたという映画

>>

f:id:ausnichts:20180112160547j:plain


ソニータ

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

(ネタバレ)ドキュメンタリーとしての問題提起も含めオススメです

>>

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>
最新記事

クリスマス・ストーリー

クリスマスイヴに「映画『クリスマス・ストーリー』~複雑な家族物語を描いた異色作~」を観た。

映画自体は、難解?ではないのだが、フランス的思考の難解さを感じた。もう一度(多分DVDになるとは思うが)見ないと、完全には理解できそうもない。

時間を経るほどに興味が増す映画だった。

始まってしばらくは、つかみ所がなく、このまま2時間半かとかなり不安になったのだが、話が進むにつれ、徐々に興味が増し、終わる頃には、結構くぎ付けになった。

それにしてもフランス人は不可解だ。