そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

おすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20180218134735j:plain


花咲くころ

監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ、ジモン・グロス

(ほぼネタバレ)1992年トビリシ、14歳エカとナティアの二人は確かにその時そこで生きていたという映画

>>

f:id:ausnichts:20180112160547j:plain


ソニータ

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

(ネタバレ)ドキュメンタリーとしての問題提起も含めオススメです

>>

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>
最新記事

竜吟の滝

11月23日の祭日、さわやかウォーキングに参加し、竜吟の滝一帯およそ14kmを歩いた。このコースは、毎年参加しようと心の準備はするのだが、雨になったり、用が出来たりと、なかなか参加できず、4年越しくらいになる念願(?)のコースである。

名古屋から中央線で1時間弱、電車もほとんど混むこともなく、釜戸駅に降り立った。それでも、8両編成の最後尾に乗っていたからなのか、ホームに立つと「オー」と声が出るほどに、リュックを背負った人たちで一杯になった。皆ベテランに見える。私と同年代以上の人が多く、やはり若い人は少ない。

30分程だろうか、あっという間に、竜吟の滝に到着。

しかし、ここからのコースが長い。



(ここまでは翌日だったかに書いたが、そのまま下書きで眠っていた)
今となっては、2週間あまり経つので、あまりはっきり記憶にない。そんなに記憶力が衰えた?と言うより、ウォーキングというのは、ただひたすら歩くことが目的になり、あまり周りの風景をゆっくり楽しむことがなくなってしまうのだ。もちろん私の場合だが。

何枚か写真を上げておこう。