そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

おすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20180225200955j:plain


ナチュラル・ウーマン

監督:セバスティアン・レリオ

(ネタバレ)ロッカーの中にあったもの、それはマリーナがマリーナであるためのもの

>>

f:id:ausnichts:20180218134735j:plain


花咲くころ

監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ、ジモン・グロス

(ほぼネタバレ)1992年トビリシ、14歳エカとナティアの二人は確かにその時そこで生きていたという映画

>>

f:id:ausnichts:20180112160547j:plain


ソニータ

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

(ネタバレ)ドキュメンタリーとしての問題提起も含めオススメです

>>

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>
最新記事

No.49/2010.12.4〜NAGOYA版今週見たい映画、見るかもしれない映画

酔いがさめたら、うちに帰ろう。
映画「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」公式サイト
センチュリーシネマ/11:15 13:50 16:25 19:00

浅野忠信永作博美の組み合わせにちょっと興味。

人気漫画家・西原理恵子の元夫で戦場カメラマンの鴨志田穣が、自身のアルコール依存症の経験をつづった自伝的小説を映画化した人間ドラマ。重度のアルコール依存症になった男と、彼を支え続けた家族たちの日々を、『わたしのグランパ』の東陽一監督が丁寧に描き出す。身勝手だが憎めない主人公を浅野忠信、その妻には『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の永作博美がふんする。(cinematoday

神の子どもたちはみな踊る
注文住宅の魅力を知ろう【夢広がるNEW居】
中川コロナ/10:40 15:20 20:00

村上春樹を徹底的に読もうと思っている身としては気になる。それに、村上春樹の原作は日本人より海外で映画化された方が、まとも(?)なものになりそうな気がする。さらに、ソニア・キンスキーを見てみたい。しかし、中川コロナでは…。

村上春樹原作の短編小説をアメリカで映画化した心揺さぶられる人間ドラマ。ロサンゼルスを舞台に、息子を神の子と呼ぶ母と子の関係を中心にした人間関係を温かく見つめる。ニューヨークで活躍する舞台俳優のジェイソン・リュウが主演を務め、その母親を『小さな村の小さなダンサー』のジョアン・チェンが熱演する。主人公の恋人役で映画デビューした、ナスターシャ・キンスキーの娘ソニアも絡んだ人間模様から目が離せない。(cinematoday