そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

おすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20180218134735j:plain


花咲くころ

監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ、ジモン・グロス

(ほぼネタバレ)1992年トビリシ、14歳エカとナティアの二人は確かにその時そこで生きていたという映画

>>

f:id:ausnichts:20180112160547j:plain


ソニータ

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

(ネタバレ)ドキュメンタリーとしての問題提起も含めオススメです

>>

f:id:ausnichts:20171107173309j:plain


汚れたダイヤモンド

監督:アルチュール・アラリ

(完全ネタバレ)ラスト10分のピエールの描き方が見事

>>

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>
最新記事

No.43/2010.10.23〜NAGOYA版今週見たい映画、見るかもしれない映画

今週はそそられる作品がありません。「シルビアのいる街で」も「冬の小鳥」も観ていないので、そちらを観なくっちゃいけません。

ただ、ちょっと気になったのが、

乱暴と待機
ミリオン座/12:25 14:25 18:40 20:40
2010 10月 テアトル新宿ほか全国にて公開 乱暴と待機
期待度★★★

冨永昌敬監督は、「パビリオン山椒魚」をDVDで観たきりで、つまらない印象しか残っていません。何が気になったかというと、タイトルと本谷有希子でしょうか…。

浅野忠信、美波、小池栄子山田孝之という実力と人気を兼ね備えた俳優たちが共演し、愛憎交わる奇妙な人間ドラマを繰り広げる群像劇。のぞく男とのぞかれる女に訳あり夫婦の、濃密な四角関係の行方をテンポ良く描く。演劇界と文学界の両方で注目を集める本谷有希子の原作を基に、『パビリオン山椒魚』などの鬼才、冨永昌敬監督が映画化。不器用でこっけいな人間たちが見せる切なさや優しさに、魅了される。

多分、DVD待ちになるとは思いますが…。