そんなには褒めないよ。映画評

ミニシアター系映画レビュー*沈黙する言葉

映画タイトルの50音順メニュー作りました!

当サイトおすすめ映画直近の4作品

f:id:ausnichts:20170918200754j:plain


あさがくるまえに

監督:カテル・キレヴェレ

(ネタバレしても問題ない)のでよく知って見るべし。シンプルなのに情感豊か。

>>

f:id:ausnichts:20170816183630j:plain


ブランカとギター弾き

監督:長谷井宏紀

(ネタバレ)映画はシンプルなのに物語は深い

>>

f:id:ausnichts:20170627135431j:plain


残像

監督:アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ監督の遺作、心に残る映画です!

>>

f:id:ausnichts:20170419165406j:plain


午後8時の訪問者

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ

(ネタバレ)ダルデンヌ兄弟、相変わらず隙がなく完璧!

>>
最新記事

No.41/2010.10.9〜NAGOYA版今週見たい映画、見るかもしれない映画

彼女が消えた浜辺
名演/10:00 12:15 14:30 16:45 19:00
万年筆|おすすめの逸品〜モンブラン/パイロット/ペリカン/パーカー
期待度★★★★★

アスガー・ファルハディ監督が、昨年のベルリンで最優秀監督賞を受賞しています。ついこないだ観たペルシャ猫を誰も知らないなど、日本で公開されるイラン映画の印象とは、やや趣が違ったミステリーだそうです。

浜辺にバカンスに訪れた若い女性の失踪(しっそう)事件をきっかけに、人間の複雑な内面が暴かれるヒューマン・ミステリー。楽しいバカンスから事件後までの3日間を通し、残された登場人物たちがあらわにする不安やエゴなどを映し出す。監督は、本作でベルリン映画祭最優秀監督賞を受賞したイランの新鋭、アスガー・ファルハディ。ストーリーの充実度もさることながら、男女の関係などについてのイランの文化や価値観も興味深い。(映画『彼女が消えた浜辺』 - シネマトゥデイ

ようこそ、アムステルダム国立美術館へ
シネマテーク/12:20 14:30 18:30
バストアップエステで理想のバストを自然に手に入れる

予告編で結構興味を持ったのですが…。

レンブラントフェルメールなどの傑作を所蔵するアムステルダム国立美術館の改築工事に密着したドキュメンタリー。2004年に大規模な改装工事が始まるものの、度重なるトラブルによって工事が進まない美術館改築をめぐる騒動の全容に迫る。4年以上にわたる綿密な取材から、異なる立場のさまざまな意見が絡み合い、こじれていった様子が映し出される。また、展示構成の議論や絵画の修復、美術館運営の会議など、通常は見ることのできない美術館の舞台裏が興味深い。(映画『ようこそ、アムステルダム国立美術館へ』 - シネマトゥデイ